【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
アダルトグッズのNLS

アロマエステティッシャンの告白体験談※マッサージしながらあそこがじんじんに濡れちゃいましたwwwww

ロマセラピーのサロンで働いてる26歳の女です。

去年の夏、指名のお客様とサロン内で施術中、恥ずかしくて人に言えないようなエッチな事をしてしまいました。

 そのお客様は32歳の独身の証券マンで、爽やかな感じの方で来店した瞬間、どのセラピストも担当したがるようなタイプの方でした。

 私はたまたま買い物に出ていて偶然、ビルのロビーでそのお客様と一緒になり、エレベーターでご案内して来ていたので、親しみを感じて下さったのか指名してくださったんです。

 うちのサロンは都内でも高級な方なので1回、2万円は下らないのですが、それからその方(Aさん)は週に3回は通われるようになりました。

 

(イメージイラスト1)

 

 アロママッサージは基本的にお客様に紙ショーツを履いていただき、オイルを使って全身を、うつ伏せ(下半身)→うつ伏せ(上半身)→仰向け(下半身)→仰向け(上半身)と丹念にマッサージしていきます。

 Aさんは話題も豊富で話も面白く、いつもこちらが笑わせて頂いていました。

学生の頃も今も鍛えているらしく、筋肉質で大きく引き締まった体をされていました。

 Aさんは、マッサージが腰やお尻部分になると、少し腰を浮かせ、居心地が悪そうにモゴモゴするようにしていました。

そして、気持ちよさそうに少し声も出され、浅く呼吸するようにしていました。

 

 毎回、うつ伏せが終わり、仰向けになるとAさんの下半身が大きくバスタオルを持ち上げていました。

私は恥ずかしくて仕方ありませんでしたが、見ないフリをしてマッサージを続けました。

Aサンも恥ずかしそうに手の甲でご自分の顔を隠して眠っているような素振りをしました。

 私は気にせず施術を続けていましたが、施術は微妙な個所にも至るので、何度もAさんの下半身が大きくなってしまいました。

Aサン時々「ゴメンね。」と謝り、途中でトイレに行く事も珍しくありませんでした。

 

(イメージイラスト2)

 

 ある日、仰向けの下半身が終わり、軽くオイルをふき取った脚にバスタオルを掛け、施術が上半身に移り、脇腹をすくうように揉んでいると、Aさんの下半身に掛けていた大判のバスタオルがするっと滑り落ちてしまいました。

 するとAさんの男性器がはみ出していました。

私は「ハッ」と声を出し、とっさにバスタオルを掛けました。

Aさんは「本当にゴメンね!!」とちょっと泣きそうな顔をされました。

私は「大丈夫です。 しかたありませんよ」と言いました。

 

ずかしかったけれど、きっとAさんはもっと恥ずかしいのですからフォローしました。

 それまで何度となく食事や映画に誘われたりしていたし、好意のようなものは伝えられていたので何だか恥ずかしかったけれど、他のお客様なら、こうは感じなかっただろうという気持ちが沸きました。

 むしろ、嬉しかったのです。

Aさんが私を感じてそうなるのが、嬉しかったのです。

それどころかAサンのマッサージが終わる頃、私の下着はジンワリと濡れてしまうようになりました。

 

 Aさんは「俺以外にもこんな風になる人居る?」と少し小さな声で聞きました。

「そうですね。たまに。」

「そうだよね。~ちゃん綺麗だからね。男ってしょうがないよね」と苦笑しました。

 

「でもAさん以外の方だとこんなに恥ずかしいと思わないんですよ。」私は言いました。

Aさんはちょっと驚いて「そうなの? 」聞き返しました。

「そうそう。もっとドライに知らん顔でww案外平気なんです。w」そう冗談っぽく言いました。

 

 その時、私の顔は仰向けのAさんと見詰め合うように、手はちょうど肩から胸に円を描くように滑らせていました。

ちょうど私の上半身はAさんの上に覆いかぶさるようにしています。

私は少し恥ずかしくなって、微笑んで次の行程に行こうとしましたが。

、その時Aさんの手が私の太腿にかかりました。

 その手は静かにピタリと止まり、私の反応を見るように緩やかに触れられていました。

 

は「Aさん。」と言ったきり止まってしまいました。

Aさんの手は大きく優しく動き太腿からお尻まで撫でまわすようでした。

「ダメですょ。」と小さな声で言いましたがAさんの手を払いのける事はできませんでした。

 

私はオイルでAさんをマッサージしながら、すっかりAさんにされるがままになっていました。

「~ちゃん。もっと触ってもいい?」何だか解からないまま、黙っているとAさんの手は内腿の肉をぎゅっと掴み、そのままピッタリした黒のストレッチパンツの恥丘?の盛り上がった部分まで強く触ってきました。

 私は自分の中が熱く濡れているのが解かりました。

もう、息も荒くなっています。

 

「ああ、もう止めて!ダメだよ」そう心で叫んで、手で払いのけようとしたけれど、Aさんは止めてくれず、どんどん激しく大胆になってきます。

「ダメです。Aさん あぁっ。」Aさんの片手はパンツの上から深いくぼみに添うように、もう片方で大きめなお尻を撫でまわしています。

そして上半身を起こして顔を上げるとパンツの上から私の股間に顔を埋めて深く息を吸い込み「~ちゃん。可愛いよ。」と言ってジッパーを下げようとしました。

 

 私は「Aさん。本当にダメです。こんなの。」そう言って一旦体を遠ざけました。

私は決してAさんがイヤだった訳じゃなく、自分の意識に対して自己嫌悪になっていました。

 

でも、Aさんは「もうしないから。ゴメンね。」と言いながら、その日を境にサロンでの施術中、ドンドン行為をエスカレートさせていきました。

私自身も、このかなり変態チックな行為にハマっていってしまいました。

 Aさんはその日の帰りに、メールで謝ってきました。

 

「あんなことをして、もう信じてもらえないかもしれないけど俺は~ちゃんの事、本当に好きです。」そんな内容でした。

 私はAさん事は好きな気持ちはありましたが、あんな事があって普通に恋愛できるのかなと複雑な気持ちでした。

それにこの世界では、お客様との恋愛はタブーです。

私は食事の誘いはかわして、当たり障りのないメールを返しました。

 

 1週間ほどで「どうしても会いたい。店に行ってもいい?」とAさんからメールが来て、私はOKしました。

私は何もなかったような顔をしてお迎えしました。

準備が整い、部屋に行くと、いつもはうつ伏せで待たれるAさんがバスタオルを腰に巻いてベッドに腰掛けていました。

 私はAさんの姿を見た瞬間、子宮の奥深くギューンと締まるような感覚を感じました。

 

(大事な職場で、あんなに事をされたのに・・・)と思うと恥ずかしくて仕方なくなりました。

 

【PR】人生で初めてセフレが出来たwww

風俗より10倍安くエッチする方法www

 

【特集】熟女とのセックス
ううっw
当サイトはマッサージやエステ、整体などで遭遇したエッチな体験談を掲載しています。体験談は常時募集していますので貴方のマッサージでのエロ体験談を是非教えて下さい!

投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑