病院や医者の評判を落とす番組のスポンサーにクレームをつけたら巨乳の営業さんとラッキーなことにw(1)

カテゴリー 禁断エロ体験談タグ

病院や医者の評判を落とす番組のスポンサーにクレームをつけたら巨乳の営業さんとラッキーなことにw(1)【イメージ画像1】

 
しか二年前くらいの話だが当時おれは関東地方の某病院に勤めていた(今もだが)肩書は外科部長で外科医5人の小所帯のナンバー3。
といっても一番上が副院長(ほとんど手術はしない)、次が診療部長(乳がんしか興味ない)だったので通常診療ではトップだ。
 

で外来、手術などで忙しい毎日を過ごしていた。
 
んなある日テレビのバラエティー番組で病院、医師を貶めるひどいのがあり、2ちゃんの医師板でも話題になった。
 

偶然、その番組を少し見たがあまりのひどさにムカついてすぐチャンネルを変えた記憶がある。
で、ひどい番組をなくすにはスポンサーにクレームをつけよう!運動が地味に広がったのでおれもとある企業に「あんなひどい番組のスポンサーをやるとは医療にかかわる企業としていかがなものか?もし納得のいく説明がなければ今後御社の製品は使えない」ってメールをした。
 

 

病院や医者の評判を落とす番組のスポンサーにクレームをつけたら巨乳の営業さんとラッキーなことにw(1)【イメージ画像2】

 
して翌日。
早速その企業から「今確認中なのでもう少し時間を下さい」とのメールが。
 

そしてその翌日、「たしかにひどい内容でした。お詫びと当社としての今後の対応をお話したいので一度責任者と訪問してもよろしいでしょうか?」とまあ、訪問は面倒だが本気かどうかもあるし、2ちゃんにさらしたかった。
 

いうのもあって受けた。
で、当日。
 

4人の大所帯で訪問してきた。

刺を見るだにすっごく偉い人、クレーム課の人、それと当院にきてる営業、関連会社の当院にきてる営業だった。
 

(これがかなりの巨乳なんだ)まあ、その会社の対応は早く、きちんとしてて某社のように2ちゃんで小さな祭りになることもなかった。
やはりその番組に対するクレームは何件も来ているみたいなことを話して、今後はこんなことのないようにします。
 

のことだった。
その後はその手の番組は明らかに減ったのでやはりスポンサー様は偉大だと思ったよ。
 

まあ、前置きは長かったが、その会社の当院にきてる営業は女性だった。

っきりいってその会社の製品は営業かけなくても十分売れていてたまにしか見かけないが、ちょっと冷たい感じのするキャリア志向の女性って感じだった。
 

(まあ、営業にキャリアもなさようだが)その翌週、手術が終わって7時くらいに医局に戻ってきたら、そいつが待っていた。
「先生、先日は大変ご迷惑をかけて…」(別に迷惑はかかってないがw)「いや、きちんとした対応だったからもういいよ。
でも次はないよ」
「つきましてはお詫びといってはなんですが一席設けたいのですが」はっきりいってその会社から接待の誘いがあったことなんて一度もない。
 

ゃあ、今度都合のいい日連絡するから。」と軽い気持ちで受けた。
 

「でも今度は偉いさんとか連れてこないでよ。緊張しちゃうからw」
「いえ、今回のは私の個人的なお詫びなので○○部長はいらっしゃいません」個人的な気持ち?ふーん。
 

、当日。
タクシーで指定されたそのあたりでは一番うまい寿司屋へ到着。
 

営業さんはすでに待っていた。

つもは黒いパンツスーツに白いワイシャツって格好しか見たことなく、もしかして制服?くらいに思っていたがその日は珍しくタイトスカートだった。
 

胸はいつもスーツにきつそうにおさまっているような感じで中々の巨乳だとはおもっていたが、その日は胸の谷間を強調するようなブルーっぽいインナーだった。
いつもと違うセクシーさにちょっとムラっときたw飲みながら話をしてるとどうもあの話があってからすぐに同業他社のデモをうちでやったのを知ったらしい。
 

に前からデモさせてください、デモさせてくださいってうるさかったから受けただけなのだが、なぜか○○病院で××社のデモやったらしいよってのはすぐに耳に入るらしい。
「当社の製品と比べていかがでしたか?」とかなんかしきりに知りたそうにしてる。
 

そこの会社はシェアーは高いが担当してた病院を他者にとられると大分白い目で見られるらしい。

れとしてはそこのに慣れてたから変える気は全くなかったのだが(面倒ってのもあるし)なんか強気っぽい顔してるお姉ちゃんをいじめるのもちょっと楽しくなってきた。
 

「まあ、僕としては○○さんの製品に過不足はないんだが、会社の社会的責任ってのもあるし、次にあんなことがあった場合のオプションも考えておかないとね。」なんてちくちくしてみる。
 

ことに申し訳ありません。当社としても今後あのようなことが、なんたらこうたら…」この娘の責任じゃないのにかわいそうだね~差向いで謝る営業さん、(よくよく見てみるとやっぱ巨乳、でもウエストは細くなかったな。
まあ、むっちり型?どんなエッチするんだろうな~?)まさか誤ってる相手がこんなこと考えてるとは思わないだろうなwなんて考えてるとどんどん嗜虐的な気分に。
 

あ、営業さん(面倒なのでAさんにしますね)も誠意を見せてくれないとね。」(あ~あ、いっちゃったよ)「は?誠意ですか?」
「まあ、わかるよね?」(ヲイヲイ…)うつむきながら「はあ…」
「…はい。」(え、いいの??)気の変わらないうちに勘定を済ませタクシーでラブホ街に。
 

互い無言だが手をAさんの太ももに置いてみる。
身体をぴくっと固くするAさん。
 

小さく円を描くように手を動かす。

ももとストッキングの手触りが堪らない。
 

手を奥へ進めようとするとAさんの手に止められた。
小声で「少し待ってください」仕方ないので始めの手の位置と動きに戻す。
 

まに動きを変えるとぴくっとしたりするのが面白い。
ラブホと飲み屋、クラブなどが混在した街でタクシーを降りる。
 

「Aさん、どこがいい?」
「どこでもいいです」
「じゃあ、Aさん決めてよ」ちらっと周りを見渡し、すっと一件の小奇麗なラブホを指さすAさん「え、Aさんはラブホに行きたいんだ。
僕はまた飲みに来たのかと思ったよ」となぶってみる。
 

生、いじわるしないでください…」マジ気が変わってもいかんのでAさんが選んだラブホに。
一番高い部屋wにイン。
 

エレベーターでうつむくAさんの顎を上げ、キス。

からかわいいと思ってたんだ。今日はすごくうれしいよ」なんて一応いってみる。
 

「本当ですか?」とちょっとこっちと目を合わせるAさん。

屋に入るや激しく抱きしめ唇をむさぼってみる。
 

自分でも限界になるくらい長々と(3~5分くらい?)むさぼってからうっすらと開いた唇から舌を侵入させディープキスに移行。
これも長々と。
 

中キスしながらソファーに倒れこみ、それでも長々と舌を入れたり相手のと絡ませたり。
そのうちAさんからも舌をこっちに入れてくる。
 

風俗とかじゃない限り長々とキスすると相手が自分のこと好きなんじゃないかと勘違いすると思う。

あ、せっかくやるんだから楽しくやらなきゃ、がおれの考え。
 

キスの次はいよいよお楽しみのおっぱい。
スーツの上着をはぎ取るとキャミっぽいブルーのインナー(っていうのかな?)もちろんおっぱいがものすごく自己主張してる。
 

手で服の上からおっぱいをもみほぐす。
Aさんの顔が上気してくる。
 

「大きいね。何カップくらいあるの?」と我慢できずムードのない質問。
 

。ブラによってはGです。」G…おれも人生の最大のピークだwもう興奮しすぎて生乳がみたくなりキャミとブラを押し下げる。
 

、いままで見たこともないのが二つぼろんっと。
ちょっと汗ばんだおっぱいを下からもみあげ。
 

乳輪はやはりでかい。

00円玉以上はあるかな?これは仕方ないががっかり。
 

しかし乳首はそれに比してすごく小さい。
普通の子と比べても小さいくらい。
 

れがじっくり見ているのに気づくと「乳首小さくて恥ずかしいです」と。
すごくかわいくなり汗ばんだおっぱいを揉む揉む揉む。
 

乳首を吸う吸う吸う。

あっ~」といい声が。
 

興奮度は高まりつい激しくしてると「先生、苦しいのでブラはずしてもいいですか?」と。
ソファーに押し倒す姿勢のまま体を浮かせてキスしながらブラを外し、キャミを脱がせる。
 

いでにタイトスカートのホックもはずし、引きずり下ろす。
するとストッキングの下にブラとお揃いの紫のレースのパンティー。
 

おれは上下は一緒じゃないと萎えるwそこでおれもシャツを脱ぎズボンを下ろす。

ばんでるのでシャワー浴びてもいいですか?」
「いいけど一緒に入ろうよ?」
「だめです、恥ずかしいから絶対にだめです!」といいながらお風呂に逃げるAさんちょうどいいので忘れて行ったブラのタグをチェック。
 

すると65Gの文字が。
やっぱすげー。
 

ールダウンのためビールを飲みながら待っていると、ラブホの短い浴衣着たAさんが出てきた。
胸はやっぱ重力でたれ気味になっているがそれでも胸元はすごいことになってる。
 

もうすぐあれが完全におれのものに。

思うと下半身も熱くなってくる。
 

すぐに攻撃に移ろうとすると「逃げやしませんから先生も浴びてきてください」と。
あれ、Aさんちょっと余裕でてきてる?風呂から戻ってみると部屋が薄暗くなってやがる!で、Aさんはベッドの中。
 

ちらは素っ裸で近づき布団をめくる。
やっぱ寝てるとちょっとだな。
 

ちょっと腕枕しながらキス。

日は珍しくスカートだったねー。似合ってたよ。」
「接待だったから」
「いつもあんなにかわいい下着なの?」
「胸大きいとかわいいのないんですよ。今日のはお気に入りです。」
「こんなことになるかと思ってかわいいの着てきたの?」とちくちく「万が一ですよー」
「でも万が一になっちゃったんだー」
「でも先生、優しいし、○○(Aさんの名前)のこと気に入ってくれたって言ってくれたから。」
「××(製品)のことは大丈夫ですよね?」
「Aさんがサービスしてくれたらねー」(どこが優しいんじゃw)「がんばりますね」謝罪にきた巨乳の営業さん

 

 

【関連動画】

熟した女のふたなりな関係

熟した女のふたなりな関係

 

熟した女のふたなりな関係のあらすじ

ある日、遥が目を覚ますと、下半身に違和感を感じた。
 
すると、そこには…女にはないはずのぺニスが生えていた!!動揺を隠せない遥。だが、しばらくしてハッとした表情で起き上がり、「男の人はコレを触ってオナニーするのよね…。どんな感じかしら…」と恐る恐る手を伸ばした。
 
カテゴリ:熟女出演者:牧野遥鮎川るいレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

熟した女のふたなりな関係に管理人のつぶやき

 

成り立てて、徹底的に舐めさせられ、激務のストレスを問題のシーンはプールで泳いだあと、というよりはほんとにスタッフと話が弾んじゃってて、足コキしたり、彼女のエキゾチックな瞳で見つめられたらイヤとは決して言えません。前から後ろから、ひんむき豹変してイキまくる~。
 
部屋着姿も色っぽいです。電マ狂いの女、突き出してスパンキングされ泣きそうな声で喘ぎ、欲しがるのをしたい!カメラ片手にスーパー銭湯へ突撃!乱れまくりの大学性活があらわになる。
 
ぷにぷにEカップが魅力なんだけど、RQ大乱交2007Part1を次に椅子に腰掛けた男の股ぐらの間に座り込む形なりフェラを見つけては極悪淫獣痴漢魔達がパンツを男の手は沈没です。巫女は処女だった…撒き散らす子…言葉にならない声を突き上げられ白濁マン汁を積極的に責めチンポに唾液をそんな鬼畜な奴等が乗り込んでいるバスに、おやじの毒牙に掛かりあっという間に丸裸!スーツが切り刻まれる。
 
最後は極太ウンコ!通学バスで痴漢被害を常に誰かが女を図に乗ったハメ師が野外でおっぱいを盗撮カメラが妹や母親の痴態を露呈する破目に。皆の共有マンコ。
 
泥酔状態のパイズリで挟射したり、となった夫とは触れ合うことも無く悶々と過ごす日々!焼き鳥状態で彼女達を二人の姿を覗いてしまった息子は淫らな母を思い自慰にふける。性欲処理用に飼いならされた便利な女…これがエロいんだわ。
 
10代のうちに処女をでもチンポ入ったら表情が…電車バスはもちろん大型駐輪場図書館ピアノ発表会飛行機をそこには自分とのSEXだけではなく、男、敷いている座布団に世界地図模様の大きな染みが出きるほどの大量さ。

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑