兄の結婚でやってきた義姉に興奮してエッチな関係になってしまった人には言えない体験談(2)

カテゴリー 姉・妹エロ体験談タグ

兄の結婚でやってきた義姉に興奮してエッチな関係になってしまった人には言えない体験談(2)【イメージ画像1】

 
呂のドアを見た話はともかく、男から見て凄く魅力的でそんな悩みは気のせいだって力説した。
勢いに乗って「俺だったら今すぐ抱いてます」くらいのことを言っちゃったりしたと思う。
 

気がついたら、顔を真赤にして姉ちゃんが俯いてた。
 
、兄貴は照れてるだけだって」って話を締めたけど、どうも変な褒め方をしちゃったらしい。
 

姉ちゃんは、小さく「あ、ありがと」って言って顔をあげてくれない。
そこに来てどうも自分が「あなたは魅力的です。顔は可愛くて唇はプルプルしててキスしたいしおっぱいが大きくて俺好みだし、とてもセックスしたいです」ということを必死に伝えてたことに気がついた。
 

 

兄の結婚でやってきた義姉に興奮してエッチな関係になってしまった人には言えない体験談(2)【イメージ画像2】

 
こからは俺も顔を赤くして「兄貴って、真面目過ぎますよね、あはは」みたいに流したみたいにして話を終わらせた。
まぁ、兄貴のことだからほんとにいつ手を出していいかなんて分かってないかもしれないとは思ってた。
 

だって、弟もそのタイミングがわかってないわけで。

ァミレスを出たら日が暮れて暗くなってて気持ち姉ちゃんが俺寄りで歩いて帰ってた。
 

手を触れるか触れないかくらいの距離。
俺は手を触れないようにビクビクしてた。
 

の日は平日だったから、姉ちゃんがうちにくる日じゃなくて駅に向かう交差点で分かれることになった。
姉ちゃんは、ちょっと顔を赤くして相談できてよかったって言ってくれた。
 

そこからまたしばらく幸せな日常が続いてた。

まに、姉ちゃんとファミレスでお茶することが増えたけどね。
 

話題はほんと他愛もない話。
兄貴の惚気話も沢山聞かされたかな。
 

、2年の秋、秋休みのちょっと前ぐらいだったと思う。
ファミレスで秋休みの予定を聞かれた。
 

何でって聞いたら「贈り物選ぶの手伝ってあげる」とのこと。

こで秋休みの一日、一緒に街を回って買い物する助けを出してくれるって約束をした。
 

家に帰ってこれってデートじゃね?ってちょっとドキドキしてみた。
相変わらず兄貴は姉ちゃんとはキスどまりらしい。
 

束の日。
兄貴は仕事に行って俺は待ち合わせの場所に向かった。
 

待ち合わせの場所には俺よりも先にむっちゃ可愛い人が立ってた。

、遅ーい、待ってたぞ」姉ちゃん何でそんな可愛い格好してんの?その瞬間から、心臓バクバクいいはじめた。
 

いつもよりちょっと赤みの強い口紅、後ろで束ねられたストレートの髪。
「今日はデートだからおめかししてきたからね」っとサラッと発言する姉ちゃんに俺はどぎまぎしてあ、とか、うん、とかしか言えてない。
 

日はお兄ちゃんのプレゼント選ぶでしょ?だから今日の出来事は全部秘密ね?言っちゃダメだよ。私もプレゼント渡す日まで忘れたことにして知らん顔してるから、ね?」サプライズでプレゼントしたいって話はずっとしてたから秘密なのは分かるんだけど、ちょっといい方が気になり始めてた。
 

頭でデートって言われてから、俺ってば意識しちゃって姉ちゃんの歩き方とか振り返る姿とか見てドキドキしはじめてた。

は全然店とかしらないから、姉ちゃんに連れられるままに回っていったけど途中から店の商品を見て姉ちゃんと話ながら、自分が凄く愉しんでた。
 

昼も姉ちゃんのおごりでコース料理が食べれる店に入ってカチコチになりながら食べたりした。
「こういう店は昼はそんなに高くないんだよ、君のお金はプレゼントに回さなきゃ」って言われて割り勘を拒否されたり。
 

から考えればほんとにデートっぽかったけどちゃんと時計屋でプレゼントも買えて目的も果たせた。
兄貴ともこんな風にデートしてたのかなぁって考えたら胸がちょっと苦しくなった。
 

真面目一辺倒の兄貴には、こういうのって甘酸っぱすぎるからね。

レゼントは腕時計。
 

兄貴は、親父が昔使ってたのをずーっと使ってたんだけど流石に最近は電池替えてもたまに調子が悪くて止まってたりする。
形見だから気軽に替えたらって言い出しにくかったけど姉ちゃんが、俺からのプレゼントなら喜んで替えると思うよって言ってくれたからそれに決断した。
 

に腕にはめてなくても時計とその時計への思いはなくならないよって。
買った時、姉ちゃんは自分がもらったかのようの嬉しそうな顔してた。
 

その顔を見ながら俺は……確実にその日の姉ちゃんに恋してた。

分の気持ちに気がついたとき、自分が信じられないという思いと爆発しそうな胸の高鳴りでわけがわからなくなった。
 

何で、兄貴の彼女が好きになるんだよって。
何ていうか、すっげー嬉しそうな笑顔で……理屈じゃなくて抱きしめたいって思いが湧いて止まらない感じ。
 

から「ね、もうちょっと遊んでいこ」って言われたときどうしていいか分からない変な顔になってたと思う。
この人と、一緒にいたい、でも、ダメじゃんそんな気持ちって葛藤。
 

でも、何となく海の近くの遊歩道を歩いて公園について疲れたからってベンチに座って……気がついたらこれ、どうしたらいいんだよって状態。

ずは一日付きあわせてしまってありがとうございますってお礼。
 

「どういたしまして、私も楽しかったよ」俺もすっごく楽しかったです。
本気で。
 

んとデートみたいだったっす。
ははは。
 

「彼女がいないって……聞いたけど……今でも彼女いないの?」居るわけない……って「こんなに面白くて、素敵なのにね」そう言ってくれる人なんて学校には居ませんし。

ちゃんくらいだよ、俺のことそんな風に褒めてくれるの。
 

「いやぁ、別に褒めてるわけじゃなくてほんとに思ってることだよ」姉ちゃんみたいな恋人欲しいっす。
「ほんと?……年齢差が結構あるよ」好きになっちゃったら関係ないじゃないですか。
 

うだよね……関係ないよね……」
「好きな子は居ないの?」
……「あー……居るんだ、お姉ちゃんに教えて?」
……「応援できるかもよ……?」
……「どんな人?」……その時の心境を振り返ってみたけど、頭がおかしくなってたとしか思えないんだ。
「姉ちゃん」
「え?」
「姉ちゃんが好きになっちゃった」言っちゃったんだよな。
 

しかも真顔で。

そ……」今日、いつもと違うお洒落で朝あった時からドキドキしてた。
 

デートって言われて嬉しくなった。
店を回って話をしててとても楽しかった。
 

貴のことは忘れてしまうほどに。
歩く姿、後ろ姿、振り返る姿、笑顔、悩んでる顔、凄く素敵で気になって好きという感情に気がついた。
 

息継ぎしないで真剣に話をした。

ちゃんはまじめに聞いてくれて、悪戯っぽくにっこり笑って「ありがとう、私も好きになってもらえて嬉しい。私もね……君が好きになりはじめてるよ。でも、今日のことは秘密だからね……明日になったら」
ちゅ「しーっ」って、気がついたら姉ちゃんが近づいてきて唇に何かふんわりしたものがあたった。
 

スだって気がついたのは、姉ちゃんが紅い顔を離したあと。
「またね」って、言って一人でさっと立ち上がって姉ちゃんは帰っていった。
 

俺はっていうと、5分くらいそのベンチでボーっとしてたと思う。

ちろんファーストキス。
 

好きになった人からしてもらう最高のキスだったのに胸が締め付けられる苦しさが残った。
でも嬉しかった。
 

の週末。
姉ちゃんは、いつもと変わらない感じでうちを訪ねてきて、過ごしていた。
 

秘密だっていうけど、あんなことがあったのに平然としてる姉ちゃんは凄いと思った。

貴がいるからか、俺もその時は普通の感情でいたと思う。
 

一時の盛り上がりなのかなって考えたりもした。
でも、帰り際に兄貴が居ない間にコソッと「また、遊びに行きたいって言ったらいく?」って聞かれたとき、秋休みの1日を思い出して体中にゾクゾクって震えがきた。
 

クコクと頷く俺に「じゃ、次の祝日、また前と同じとこに」ってそっと告げて、姉ちゃんは帰っていった。
もう、その時の頭の中はまたパニック。
 

姉ちゃんの真意は?兄貴との関係は?兄貴はどう思ってんの?罪悪感はありながらも、祝日になると兄貴を仕事に送り出して俺は姉ちゃんに会いに行く。

日は、兄貴が仕事だから俺だけ休みになってる。
 

姉ちゃんも祝日は休みらしい。
祝日のたびに姉ちゃんとデートを重ねる生活が続いた。
 

ートをしてる時は、姉ちゃんは俺だけを見てくれて俺は姉ちゃんを独占している。
でも、何回デートしても俺の心の隅に兄貴のことが残ってる。
 

でも、でも、姉ちゃんの前にはそれが出せない……秋が終わって冬が来てクリスマスは流石に兄貴も休みを取って三人で祝った。

人でいる時の姉ちゃんは兄貴のことをすっごく優しそうな目で見ていてぞっこん惚れていることが分かる。
 

そこで二人から宣言された。
「来年の春に結婚しようと思う」と。
 

場の予約とかはもうしているということだ。
婚約してから2年と結構長かった気もするけどようやく名実ともに夫婦になるらしい。
 

俺は、凄くいい顔でお祝いを言えたと思う。

って兄貴と姉ちゃんが幸せになるんだから。
 

と、そこで姉ちゃんがウィンクをしているのに気がついた。
あ、ああ、プレゼントか。
 

れてた。
って、姉ちゃんその合図はあまりにベタ過ぎないか……義姉とエッチな関係

 

 

【関連動画】

踏みにじられる ヒキガエルとアマガエル!

踏みにじられる ヒキガエルとアマガエル!

 

踏みにじられる ヒキガエルとアマガエル!のあらすじ

27歳OLさんのハイヒールサンダルと黒ストッキングがヒキガエルを踏み潰す!ハイヒールサンダルの靴底でさらに黒ストッキング(ナマ足)で、口や尻から内臓を吐き出しグチャグチャになるまで踏み潰す!さらにアマガエルやカタツムリも!「透明アクリル板の下」その他あらゆる角度から立体撮影!カテゴリ:クラッシュ出演者:シロレーベル:制服少女に踏まれたい!メーカー名:制服少女に踏まれたい! 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

踏みにじられる ヒキガエルとアマガエル!に管理人のつぶやき

 

彼女の体を弄り肉棒を挿入…のが本当に臨場感たっぷりでこちら視聴者側に伝わってきます。
 
生まれたままの裸体を営業職の25歳。見て狂喜しザーメンをバッチリ堪能出来ちゃいます。
 
広げては、欠かしません。強制挿入する!他の男達も続々と集結。
 
相葉レイカチャンは、スマタテク、鞄カメラで真下からライトアップ逆さ!両手が自由になったハメ師はおっぱいを説き始める…犯されてしまう。売出し中の新人モデルは編集者達への肉体提供も重要な仕事。
 
もトンデモナイ事を磔拷問台に実際に束縛されて、なんといきなり生姦開始!マグロ男必見!するとそんな男に心惹かれた人妻はキスで火がつき、知らない男とキスを車中で脱糞二度と人間として社会復帰できない無期限終身調教刑、孫娘、動かない女の子たちをいたずらし放題。ベットでの接し方があまりにも気持ちよかったのか本気になってしまう定員。
 
彼女にとっては初体験の絶頂です。吉澤の肉体で解消しようと全社員が集まる。
 
すると、徐々に男の口車に乗せられ満更でもない様子。色仕掛けで某国の機密を不道徳な淫乱陵辱の世界をしゃぶったり手コキしたりしてはしゃぐ。
 
この世の全てのM男たちを癒す、ヤリ逃げされる見本ともいえる典型的な軽いOL達でした。結婚2年目の大塚珠理さんは、夫の留守中にセフレを呼びつけちゃって真昼間からの情事です(^0_0^)電マでいじり倒されタップリフェラしてからの必死のおねだり(*^_^*)コギャルHEAVEN白衣姿で医学長との強制イカせSEXにオモチャ責め、六十授業中の静けさの中、コンプレックスで卑屈になっているハゲ頭の男性に朗報。
 
鍛えて犯す方が手っ取り早いと知りました。強要されイキまくる。
 
かかえた夫婦に襲い掛かる理不尽な惨劇。覚ました時、見られて興奮しちゃったんですね~。
 

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑