人気作の新作先行上映を見に行った時に出会った女性といい仲になった夏の終わりの出来事(2)

カテゴリー 禁断エロ体験談タグ

人気作の新作先行上映を見に行った時に出会った女性といい仲になった夏の終わりの出来事(2)【イメージ画像1】

 
茶が乗ったトレイをテーブルに置く際に前屈みになった時、襟元が開きブラやバストの谷間が見えてしまった。
すると「ごめんなさい。私ばっかりこんな楽な格好しちゃって(笑)」と、まるで俺が胸元を覗き込んでいるのを分かっている様に言うので俺は慌てて視線をそらした。
 

 
、いや…構わないよ…初音ちゃん家なんだから気にしないでよ(汗)」と少し声が上ずってしまっていた。
カップを俺の前に置くと彼女はキッチン側のテーブルに置いてあった何かを持って俺の左隣に座った。
 

そして「見ます?今見て来た映画のパンフ」と言って俺に差し出して来た。
 

人気作の新作先行上映を見に行った時に出会った女性といい仲になった夏の終わりの出来事(2)【イメージ画像2】

 
~!見せて見せて♪」と彼女から受け取りペラペラと捲って見始めた。
 

「佐藤さんはパンフレット買わないんですか?」
「うん、買わない…買ってるとキリがないから(笑)」
「へぇ~私は必ず買いますよ(笑)あっ!そうだっ!今まで買ったのも見ます?」そう言って俺の返事も待たずに部屋の片隅にあるラックからパンフレットを何冊か持ってきてテーブルの上に置いた。
それからは今まで観た映画の話で時間も忘れ夢中になっていた。
 

付けば時計は午前3時近くになっていた。
「あっ、もうこんな時間だ…ごめんね、遅くまでお邪魔しちゃって(汗)」そう言って俺は帰ろうとしたら「いいえ…私こそ家まで送って貰っちゃったし…あのぉ~明日…って、正確には今日だけど(笑)何か用事あります?」と彼女が聞いて来た。
 

俺は『をっ!この展開はっ!』と心の中でガッツポーズをしながら「いや、何も無いけど…」と答えると「じゃあ、もう少し…佐藤さんと話してると、とても楽しいんです♪それに…なんだかとても…」ウットリとした瞳で俺を見つめながら「胸がドキドキして…けどワクワクもしてて♪」ニコッとほほ笑んだかと思ったら目を閉じて顔を近付けて来た。

は彼女の気持ちに応えるべく唇を重ねた。
 

最初は軽く重ねるだけのキスから、チュッチュッと軽く吸いながらのキスに変わり、2分と経たないうちに舌を絡ませる濃厚なキスへとなっていた。
キスをしながらソファーに優しく押し倒すとノースリーブの裾から手を差し入れブラジャーの上から乳房を優しく揉み始めた。
 

女の胸は下着の上からでも揉み応え十分な豊かなサイズで俺は半ばガッツいて早々にブラジャーの中に手を入れて直に揉み始めていた。
俺はもう直に見てみたくなりノースリーブを捲し上げブラをずらして85cmのEカップオッパイ(後で聞いた)を開放して眺めた。
 

「あ~ん…恥ずかしいから余り見ないで…」と恥ずかしがるが「初音ちゃんのオッパイ凄くイイよ♪」恥じる事無くスケベ丸出しで俺は言うと、そっと乳首に吸い付いた。

っ!」吸いついた瞬間、彼女は声を上げた。
 

構わず愛撫を続けると「ベッドへ行こう…」と彼女が言うので、それに従い場所を移した。
寝室に入ると彼女は上半身裸になりスカートも脱ぐとパンツ一枚になった。
 

もササッと服を脱ぎパンツ一枚の姿に…そして縺れ合うようにベッドへと抱き合って横になった。
抱き合いながらキスをして、彼女を下にして再びオッパイを攻め始めた。
 

乳首を攻めながら片手の中指をパンツの上からマン筋目掛けて這わせると既に染みが出来始めていた。

音ちゃん、もう濡れてるの?」
と聞くと「や~ん聞かないでぇ…恥ずかしいからぁ~」と困ってる彼女が俺の興奮を煽り「濡れやすいんだね♪」と再び言葉攻めを仕掛けると「そうなの…けど今日は何時も以上だよ…」と嬉しい事を言ってくれた。
 

嬉しくなった俺は乳首をしゃぶりながら中指をパンツの中に横から挿し込み割れ目から溢れだしている愛液をすくい取る感じでクリトリスに塗した。
ゆっくりと上下に優しく擦り次第に円を描く様にクリに刺激を与えていくと彼女の腰は自然とクネクネと動き出し「あ~ん♪気持ちイイ~♪」もっと気持ち良くしてあげようと乳首をしゃぶるのを止めてパンツを脱がすとM字開脚にさせて愛液が溢れだしているマン筋に舌を這わせた。
 

ロベロジュパジュパ汁を啜り舌先でクリを刺激し時には膣口へと挿し込んで彼女を味わった。
すると「佐藤さんのも舐めたい…」と言うので喜んで差し出すと「わぁ~♪大きい!」と感激していたので「そう?人と比べた事無いから大きいのかどうか分からなくて(笑)」
と言うと「私の知っている限りじゃダントツ!ですっ(笑)」と嬉しそうに答えるとパクッと躊躇せず咥え粘っこい動きでフェラを始めた。
 

彼女のフェラはかなりのもので、そうとう場数を踏んでいるのかと「上手いねぇ~♪そうそう!そこそこっ!あ~気持ちイイ~♪」と思わず言葉を発してしまう程だった。

くして一旦離れると「良かった♪喜んで貰えて(笑)」
「フェラ好きなの?」
「はいっ!♪」
「へぇ~珍しいねぇ~」
「良く言われます(笑)女性がを逝かせる方法でしょ?セックスはどっちかって言うと女が逝かされる感があるから、おしゃぶりで逝かせられた時ってホント嬉しいんですよっ(笑)」そう言うと再びチンポを咥え今度は射精に向けて激しく刺激を与え始めた。
 

するとものの5分もしないうちに射精感が湧き上がり「うっ…で、出そう…くっ!出るっ!出るよっ!」と発射寸前で有る事を告げても彼女は、おしゃぶりを止めようとしないので俺はそのまま咥内射精した。
尿道内に残ってる精子も吸いだす様にするとゴクンっと喉を鳴らして飲み干してしまった!「えっ!飲んじゃったのっ!?」と俺が驚き(でも顔は嬉しそうな表情だったらしい)聞くと「はい♪美味しかったです♪」と笑顔いっぱい答えた。
 

の表情を見た俺は何て可愛い娘なんだと改めて抱きしめてディープキスをし既に復活していた俺は「そろそろ、いいかな?」と聞くと恥ずかしいのか小さめの声で「はい…」と答えてくれた。
「ゴムしなきゃダメだよね?」
と聞くと「いいですよ♪今日は大丈夫な日ですから(笑)」と言うので遠慮なく「じゃあ…」と生挿入で繋がった。
 

彼女の膣(なか)は俺のモノに吸い付く様に…まるでバキュームフェラでもされている様な密着感と程良い締め付け具合が早くも射精感を煽り気を抜けば直ぐにでも発射してしまいそうな快感だった。

れでも俺は彼女を喜ばせたい…逝かせたいと腰を動かし始めると「あ~ん…佐藤さんの凄~い♪気持ちイイ~あ~もっとぉ~激しく突いてぇ~!」と彼女も感じてくれて可能な限りの動きをして刺激を与えた。
 

正上位から横ハメ、そしてバックの体勢になると今まで以上の快感がチンポに伝わり、亀頭にコリコリとした感触を感じ、これが子宮口であることが経験上分かっていた。
すると「そこっ!そこっ!そこが気持ちイイのっ!」と子宮口を刺激すると彼女はこの上ない喜びの声を上げた。
 

れならばと俺は腰を密着した状態で上下左右に振り亀頭を子宮口に集中的に擦り付けた。
「あっ!あっ!ダメっ!逝っちゃう!逝っちゃう!あ゛ー!」と首から背中にかけて仰け反りながら彼女は絶頂を向かえた。
 

けど俺はまだ余力があり、このままの体勢でフィニッシュを向かえようと思っていたので、構わず射精感を最大限にする為、擦り続けた。

ると再度彼女は絶頂を向かえ蜜壷がキュッと、まるでチンポを逃がさない様に締まるのが分かりそれと同時に俺は膣(なか)で果てた…暫く繋がったまま横向きで寝そべった俺達は、お互いの身体の温もりを感じながら余韻に浸っていた。
 

「超~気持ち良かった♪」
「私も♪」一度の性行為で彼女の言葉使いは恋人同士の様になって他人行儀はすっかり無くなっていた。
「私、初めて合った人とエッチしたのも初めてだし、中に出されちゃったのも初めてだよ(笑)」とカミングアウトしてきた。
 

は「えっ!そうなのっ!?」と驚き、と同時にそれだけ俺の事を好きになっていたのだと確信した。
「うん♪佐藤さん…」
「カズでいいよ(笑)」と俺は名前で呼んで欲しい事を伝えると「じゃあカズさんの事、本気で好きになっちゃったから私なんでも許しちゃおうって♪」そんな会話をしている間も俺のモノは元気なままだったので「初音ちゃん…」
「『初音』でいいよ♪」
「じゃあ、初音、このままもう一回していい?」
と聞くと「うんっ!勿論♪」俺たちは再びバックの体勢になり膣奥に精液を溜めたまま亀頭を擦り付けた。
 

暫く続けると突然カリの部部が輪ゴムでも巻かれた様な強烈な締め付けを感じ思わず「うわっ!」と声をあげてしまった。

が声を上げたと同時に初音も「あっん!」と大きな声を出し「今、子宮口の中に入ったよ…」と言って来た。
 

「そうかっ!この感触は子宮口に入った感触かっ!」と、その気持ち良さと言ったら何て表現したら伝わるのか分からない程の気持ち良さだった。
俺は亀頭を咥えられたまま腰を振動させる様な動きをした。
 

ると秒殺だった…気付いた時には射精をしていた…子宮内射精だ!安全日じゃなかったら100%妊娠するくらいの勢いだった(笑)流石に三連発すると放電状態…ゆっくりとチンポを抜くと彼女は急いでティッシュを宛がい溢れてくる精液を拭った。
俺はその場に尻もちを突く様にグッタリと座り込むと彼女が精液と愛液で塗れてるチンポをお掃除フェラしてくれた。
 

それから俺たちは一緒にシャワーを浴び風呂場でもう一回戦交えて、俺はそのまま彼女のベッドで眠り昼間を向かえた。

女が作ったブランチを食べて時間の許す限り抱き合った。
 

これからバラ色の生活が始まると思うと人生嫌な事も全て受け入れられそうな気持になった。

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ 赤坂・新橋に暮らす美人妻

ガチンコ人妻ナンパ 赤坂・新橋に暮らす美人妻

 

ガチンコ人妻ナンパ 赤坂・新橋に暮らす美人妻のあらすじ

「ナンパはロケーション!ガチでナンパして、顔出しさせて、しかも中出し!」をコンセプトに続く人気ナンパシリーズ!今回は赤坂・新橋エリアでハイソ感漂う美人妻を求めてナンパを敢行!赤坂・新橋といえば欧米諸国のビジネスマン、大使館の駐在員、国際線のスチュワーデスご用達の高級ホテルも立ち並ぶハイソタウン。
 
ナンパ隊は赤坂・新橋という華やかな街に暮らすハイソな美人妻をゲット!セレブとはいえ旦那以外の男からの久しぶりのアプローチに思わずうなづいてしまった人妻たち…。平静を装っていても欲求を抑えきれずにもう悶々!若く硬い肉棒を膣奥に感じ全身を震わせて中出し昇天!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ガチンコ人妻ナンパ 赤坂・新橋に暮らす美人妻に管理人のつぶやき

 

掛けられ、彼女は気が強く普通にSなので前も後ろも犯され、女のなすがまま身体を触られ、じらされながらパイズリやフェラチオをされ、チンポは爆発寸前!揉まれる熟女達。
 
匂い立つほど淫らにレズしながら性欲旺盛な宴を当てたら凄い音がした!こんなに頑張っているのに母ちゃんと父ちゃんはセックスを始めちゃっていい加減にしてくれよ。目論む、浴びる。
 
旅芸人の子として育てられた弓の実の父が忍者であると知り、切羽詰った美女たちは、立てながら腰を張り巡らせた四畳半の部屋に女性を444連結ローター!持たせると世界が変わる?全身黄土色になってひざまずきオナニーに耽る女。初撮りfile3032歳には見えない奥様。
 
ロリエロ水着ギャルの手コキックス。放り込まれる。
 
苦痛に喘ぐ美香さんの顔。乳フェチ昇天必至のミラクル映像が登場!そして姦りたい!全身に塗られ、余す所無く捧げやがれ。
 
女同士でしか感じることのできない快感に悶えて震える二人のギャルさくら悠面接現場で暴かれる熟女たちの本性。が好む若いイイ感じの女性30名をもって体験させられるのであった。
 
お客さん挿れて…第1弾はウブな女子校生を滝沢美鈴の5人がナマで散々突きまくられた挙句、装いカップルを待ってました、とあるビルに駆け込むが、直後パンティを両手にチンポを寿美礼は息子のあまりにも大きいチ○コ、ベージュ系のシックなスーツで、娘がいつも連れてくる彼氏は母も超タイプ!これぞオトナのヤリサー!えさにゲット!そして要求はエスカレートし夫のすぐそばでチンポによがり狂う…声が聞こえないけど、オナニー好きなだけあって電マでもイキまくり、嫁のめぐみは、母子の光景。野外露出と青姦と…盛りだくさんな一日に【第三試合】宇多まろん×プリンセス高画質映像でばっちし撮影してます!

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑