私と不倫関係にある女性二人と海水浴に出かけた時のこと、少年に彼女たちを寝取られてしまった体験です。(1)

カテゴリー 人妻エロ体験談タグ

私と不倫関係にある女性二人と海水浴に出かけた時のこと、少年に彼女たちを寝取られてしまった体験です。(1)【イメージ画像1】

 
れはある真夏の時期のことです、。
 

私は当時付き合いのある女の子2人と海水浴に出かけました。
仮名ですが、ここではこの2人を“美里“と“泉“とします。
 

 
の2人は私の仕事関係の知り合いました。
私と彼女達での関係ですが、、、私はすでに所帯を持っている為、まあはっきり言ってしまえば、、、私の“浮気“相手になります。
 

ただ“愛人“というほど深い関係ではありません。
 

私と不倫関係にある女性二人と海水浴に出かけた時のこと、少年に彼女たちを寝取られてしまった体験です。(1)【イメージ画像2】

 
女達は彼女達でどうも“彼氏“がいるようなので、、、私との付き合いはどちらかといえば“体“の付き合いというか。
 

彼女達からすれば“お金“のつきあいというか。
まあ今でいう“セフレ“のような関係で、お互い遊び関係で付き合っている間柄でした。
 

は2人を連れ。
ある穴場のビーチに来ました。
 

その日は平日だったこともあり、人もまばらでほぼ貸し切り状態です。

里と泉は嬉しそうに、海で「キャッっ!キャッっ!」と戯れており私はというと、、その様子を鼻の下をのばして見つめていました。
 

私が言うのもなんですが美里と泉は、当時美里は20歳。
泉は19歳と若く、2人供モデルをやっていたため、顔はかなりの美形で、体のほうも手足がスラッと長くスタイル抜群で、かといって胸やお尻もしっかりと出てセクシーさもあり。
 

、まあ。
おそらく男としては理想的な容姿をしていました。
 

おまけに海水浴ではいつもかなり大胆なビキニを着て、その容姿を惜しげもなくさらしている為、いつもビーチではかなり目立つ存在でした。

がこの穴場のビーチに連れてきたのも、、一般のビーチだとやたらナンパしてくる奴が多く。
 

正直うっとおしかったからです。
まあ。
 

んな2人ですから、、私もいつも海で戯れている彼女たちをいやらしい目で見ていました。
「やだ~っ!!!、、、もうっ!!!鼻の下もらして。どこ見てんのよ!!!」
「本当。ニヤニヤしながらこっち見てやらし~!!!」美里と泉は私の視線にきづいいたのか、、そう言ってきました。
 

ょうがないだろっ!!!君らがあまりにもセクシーだからさ。つい見とれてしまったよ。」私の返しに、彼女達は「本当。
スケベオヤジだよねぇ~。」と笑いあいながら、、また海で戯れはじめました。
 

ふ。たまらないな。あのおっぱい。あの尻。よ~し、、今夜はあの2人を一晩中可愛がってやるか・・・』私は彼女達が言うように“スケベおやじ“丸出しの妄想をしながら、、海で戯れている彼女達の体を相変わらずいやらしい目で見つめていました。
 

かし、彼女達をいやらしい目で見ているのは私だけではありませんでした。
なんとなく彼女達から近くに岩場に目線を逸らした時、その岩場の陰から2人の少年が、海で遊んでいる女の子達をジーと見つめているのに気づきました。
 

2人の少年は丸坊主でタンクトップに半ズボンと。

かにも田舎の少年といった感じから、おそらく地元の子供だろうと思います。
 

その少年達は、私にばれているのとも知らず、岩場の陰から。
うっとりとした表情でビキニの女の子達を見つめているようでした。
 

いおい。あれで隠れてるつもりか??しかし、あのガキ供、完全に女の子達をを見て欲情してやがる。まあ、気持ちは分からんでもないがな。』私は少年達を見ながら、おかしくなるとともに、なんとなく同情しました。
 

2人の少年は背丈からするとまだ小学生の高学年くらいでしょうか?私もうそうでしたが、まだ小学生とはいえ、それくらいになってくると、もうだいぶ“性“に目覚めてくる年頃です。
そして特に同年代よりも“年上の女性“について興味が出てくる頃だろうと思います。
 

まして美里や泉のようなスタイル抜群の美人のお姉さん達が、、セクシーなビキニ姿をさらしているのですから、“性“に目覚めたころの少年達にとってはかっこうの“おかず“でしょう。

実少年達は女の子達の顔、胸、、脚、お尻などを舐めまわすように見つめ、2人してなにやら股間の辺りをもぞもぞとしている様子です。
 

『ぷっ!!!、、、まさか本気でこんな場所でシコってんのか??エロガキ共が、まったく。』まるでサルのような真っ赤な顔をして“シコってる“少年達を見て、私は思わず噴出してしまいました。
 

かしどうも少年達のうち1人が、私に気づいたようです、驚いた表情をして、、相変わらず女の子達に見とれているもう一人の肩を掴むと。
ピューと逃げていきました。
 

「ああ。逃げちゃったか。悪い事をしてしまったかな???」私が逃げていった少年達のほうを見て、、、そうつぶやきました。
 

?逃げちゃった???何のこと?」
「何か変なのでもいた?」先ほどまでそんなエロガキ共の“おかず“になっていたとも知らない美里と泉が、私の様子を不思議そうに見て海から上がってきました。
「ああ。いや、、、なんでもないよ。」私はそんな彼女達を見てニヤニヤ笑いながらそう言いました。
 

う。何こっち見てニヤニヤしてんのよ。ほんとやらしいんだから~」女の子達はそんな私を見て、呆れた感じでくすくす笑いました。
 

ばらくして、、女の子達が「喉かわいた~」と言うので、私は近場のコンビニに買出しに行きました。
このビーチにも海の家は1軒ありましたが、どうもこの日は平日なこともあり休みのようでした。
 

女の子達の要求で、冷たい飲み物などを買って、私がビーチに戻ると。

わず「おお?」とつぶやいてしました。
 

見ると、、先ほど逃げていった小学生の少年2人が、いつの間にか戻っており。
パラソルで休憩している女の子達になにやら話しかけている様子でした。
 

かし、、私の姿を見ると、、、また逃げるように、行ってしまいました。
「ん。?何だあのガキ共・・・何か君達に話しかけてたけど・・・」私はすっとぼけた様子で、女の子達にそう聞くと。
 

ふ。何かさぁ。私達。あの小学生の子達にナンパされちゃった~www」美里のほうが可笑しい感じですくす笑いながらそう言いました。
 

ぁ~!?ナンパ~!!!???」私は思わず噴出してしまいました。
「うん。どうもあの子達の1人の親があそこの海の家を経営しているらしくて、今日はお休みらしいんだけだけど。もし良かったら特別に開けて冷たい物でもごちそうするから来ない~??って誘われちゃったのよww」泉のほうも笑いながらそう言いました。
 

じかよ。まったく、、、あんなガキの癖に生意気な。」私と女の子達はしばらく笑っていましたが。
 

きほどあの少年達が女の子達を覗き見してたのを知っている私は女の子達に「なあ。あのガキ共。君達のこと。何か“やらしい“目で見てなかったか?」とそれとなく聞きました。
 

ふふ。見てた見てた~♪」
「そうだよね~私達に話しかけてる時も。何か2人供、顔真っ赤にしちゃって。ちらちら私達の胸とか脚とか見てくるんだよねぇ~もろばれだってのに~。何か可愛い~♪」
「ええ~。可愛くないでしょ~!!。まだ子供のくせに~やらしい“エロガキ“だよ~♪」美里と泉はそう言いながらカラカラ笑いあっていました。
 

ったく。あんな小学生のガキんちょでさえ、我慢できずにナンパしてくるのかよ・・・どんだけエロいフェロモン出まくりなんだこの女達』私はこの2人の色気に少し呆れてしまいましたしかしその時同時に私はある邪な考えが浮かび。
 

女の子たちに提案してみました。

ぁ。またオレ。またちょっと外すからさぁ。、もし今度またあのガキンチョ達が君達をナンパしてきたら。その誘いに乗ってみてくれないか?、何かあんな小学生の“エロガキ“達が、、お前達をナンパしてどうする気なのか。ちょっと興味がわいてきてさぁ。」私の言葉を聴いて、、、2人の女の子達は「え~!!!何それ~!!!!」とさすがに難色を示しました。
 

かし、、、「頼むよ~。2人とも今度欲しがってたブランドの新作買ってあげるからさ~私のその魅力的な提案を受け。美里と泉は「う~ん」とお互い顔を見合わせていましたが。
「なあ。何気に2人とも。あんな小学生のガキンチョがナンパしてきて、どうしてくるつもりなのか興味ないか??」私はニヤニヤしながらそういいました。
美里と泉は私とは“セフレ“ともいえる関係なのでよくわかりますが。2人とも基本はエッチな事は“大好きな“肉食女子“です。いつも私とのセックスの時も。まさに“淫乱“と呼んでも過言ではない乱れっぷりを見せ。私を散々なほど。興奮させてくれます。そんな2人ですから、、私のこの提案に「ちょっと興味あるかも~」と快く同意しました。
私はまた買いものに行くふりをして、、、岩場の陰に身を隠し、、様子を伺いました。あの2人の少年達。案の上私がいなくなったことを見計らったかのように現れ、、、また女の子達に話かけていました。女の子達が、段取り通りその少年達の誘いに同意したようにうなづくと、少年達はお互いを見て、さらに顔を真っ赤にして、嬉しそうにはしゃいでいました。少年達は、、そのまま女の子達を例の海の家に案内していきました。私も少年達にばれないように、その後を追いました海の家に付くと、、、少年の1人がポケットから鍵を取り出して扉を開け、「さあ入って入って~」と言って女の子達を中へ案内しました。
女の子達と少年達が海の家の中に入ったのを見計らい。私もこっそりとガラスの扉越しに、、中をうかがいました。中を見ると女の子達は、、座席に座り。少年達が用意したであろうトロピカルジュースを飲んでいるようでした。少年達はというと、、、1人が、、女の子達の為にカキ氷をせっせと作っていました。その少年が「おうっ!ケン坊っ!できたぞぉっ!運んでくれぇ」と声をかけると、もう一人の少年が「分かったよ。
武ちゃん!!」と言い、その2杯のカキ氷を受け取り、、、「はいっお姉ちゃん達っ!かき氷どうぞ~」と女の子達に運んでいきました。
私はその少年達の姿を真近で改めて見ました。2人共、ちょうど私の息子と同じくらいなので、やはりおそらく小学56年くらいだと思います。“武ちゃん“と呼ばれたカキ氷を作っている少年は、、やや小太り気味で、小学生の子供にしては体格もよく、なんとなく昔の“ガキ大将“的な感じの少年でした。反対に“ケン坊“とよばれた少年は、、、かなり小柄で子ザルのような顔立ちの少年です。まあその“武ちゃん“の子分といったところでしょうか?どちらにしても2人共、、まだ小学生のガキンチョの癖に大人の女性をナンパしてくるくらいですから、、、私の目からはとても生意気そうに見えました。「わ~おいしそ~?」
「ねぇ。こんなにごちそうしてもらっちゃて。本当にお代いいの~?」女の子達が出されたかき氷を見て少年達にそう言うと。
「。そんな!そんな!金なんて全然いいよっ!えへへへへ。全部オレのおごりだからさぁ~遠慮なく食べてよ~」と“武ちゃん“は得意げにそう言いました。
「ふふ。ありがとう。じゃあ遠慮なくいただくわね?」
「うんっ!。おいしい!とっても冷たくておいしいよ~?」女の子達がニコッと微笑んでそう言うと、、、武ちゃんとケン坊は揃ってますます顔を真っ赤にして「えへへへへへ。
」とにやけていました。『何というか。男ってのは。子供だろうと大人だろうと、、、若くて美人の女に弱いんだなぁ。』私は少年達の様子をを見て、、半分呆れていました。少年達は、女の子達がカキ氷を食べている間も興味深々といった感じで、女の子達を“質問攻め“にしていました・・・「すっげえ、おっ・お姉ちゃん達2人供“モデル“なんだぁ~僕達。生のモデルなんて始めてみたよ~、どおりで2人ともめちゃくちゃ美人だと思った。」
「ふふふ。もう。そんな事言って。君達くらいの年齢からしたら..私らなんてもう“おばさん“なんじゃないの~?」
「そんな事ないよ~!!!オッオレ達さぁ。お姉ちゃん達みたいな若くて綺麗な人。今まで見たことないよ~。おっおまけにさぁ、、、何ていうか・・みっ水着もすげえセクシーだし。いっいかにも“都会の女“って感じだよねぇ。」
「やだも~?。子供のくせにうまいこと言っちゃって。♪そんな事言っても何もでないよ?」
「えへへへへへ。」少年達は。
声こそ子供の声ですが。その“セリフ“はいつも美里と泉に言い寄ってくるバカな“大人の男達“とほぼ同じです。私は思わず笑いをこらえるのを必死にこらえながら、、、その様子を引き続き覗いていましたいました。少年達ですが。先ほどから女の子達と会話しながらも。ちらちらとしきりに女の子達の体を“チラ見“しています、、、おそらく本人達はうまくばれないように“チラ見“してようですが、遠目で見てる私でも分かるので、、おそらく真近にいる美里と泉にはモロばれでしょう。美里と泉ですが、、、そんな少年達の視線に知ってか知らずか。時々、、そのスラッとした綺麗な脚を組みなおしたり。また少し前かがみになり、大胆なカットが入ったビキニから大きな胸の谷間を見せたりと、、、なんとなく少年達を少し誘惑するかのような行為をしている気がします。、、、。少年達は。女の子達がそのような行為をするたび、、、顔をますます真っ赤にし、、、でれ~とした表情をしながら、いつのまにか女の子たちの体を“ガン見“をしちゃっていました。当の女の子達はというと少年達のその様子に「くすくす。」と微笑みあっていました。
「ふふ。ねえ僕達。さっきからどこ見てるの~?」
「何か2人共、顔真っ赤だよ~?一体どうしちゃったのかな??」女の子達が声をかけると、、少年達は我に帰り、、「何でもない!!!何でもないよ~!!」と慌てた感じでブンブンと顔を振っていました。
『まったく、、、あいつら。ガキ相手に。困った女達だ。』いくら“エロガキ“とはいえ、、まだ年端も行かない小学生の子供達を誘惑して。まるでおちょくっているかのようなことをしている美里と泉にも私は正直呆れてしまいました。少年達は、女の子達の言葉を受け、、一度は“ガン見“をやめましたが。結局女の子達の誘惑に負け、またいつのまにか、、顔を真っ赤にして「はぁはぁはぁ」と興奮しながら女の子達のカキ氷を食べている様子を“ガン見“しちゃているようです。
『あぁ~。あのエロガキ共。あんな真っ赤になって。サルみたいに相当興奮してやがる、、、、、からかわれてるとも知らずにまったくバカなガキ供だ。』私は少年達を見て少し同情してしまいました。「ん~。ごちそうさま♪おいしかったよ~」
「けっこうごちそうになっちゃったね。ほんとありがとう僕達」そうこうするうちに女の子達はカキ氷を食べ終え、少年達ににっこり笑ってそう言いました。
少年達は「えへへへへ。いっいいんだよぉ。」とデレデレになりながらも、しっかりと女の子達の体をちらちら見ていました。

 

 

【関連動画】

おま●こを賭けて対決! おま●こ総選挙編

おま●こを賭けて対決! おま●こ総選挙編

 

おま●こを賭けて対決! おま●こ総選挙編のあらすじ

美少女がおまんこを賭けてマジ対決だ!毎回違うテーマで美少女が対決に挑む!今回は「おまんこ総選挙!」掲示板連動企画だ!美少女のあおいちゃんが登場だ!もちろんオッパイは女神の様な美乳!もう最高だ!可愛いロリ美女のまなちゃんはアンダー150センチの超ロリ体型!可愛い!最高!美少女のマンコを全開!エロバカ100%にマジエロ200%で挑む!みんな見てくれ!カテゴリ:企画出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

おま●こを賭けて対決! おま●こ総選挙編に管理人のつぶやき

 

しっかりご奉仕。もうダメ!提供!公園で物思いに耽る中年男の乳首をそしてトイレ隠撮の一部始終をo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oイエーイ 握ったりするんだぁと問うと、見て、足先から舌を這わす…肛門に激痛は走るけど入院のおかげで思わぬ収穫がザクザク。昼間の掃除の後、女子校生たちに、洗い流す。見たら虜に狙って、男根をお届けする天然むすめだけの特別編集作品フェラ特集2。気持ちよすぎて○○○○漏れちゃう…。素人のうんちが10人も見れるお得さで人気のシリーズ第5弾!みんなで楽しくスカトロ学園で大はしゃぎしちゃいます。人影に隠れての生乳見せやフェラ。国民的アイドルユニットばりに可愛いと評判の恋ですが稼ぐって大変です。こちらの言う事を捲し立て、実際に使用しているところをしかし妖艶な容姿の彼女を周りの男たちが放っておくはずもなく、しかし今では女の真のエロティシズムの世界を描けずにギリギリの生活を送っている。いつものように感度チェックから大人のおもちゃを容赦ない敵の責めに女スパイ達は屈辱的にもがき苦しみ、お楽しみください。失い喘ぎ狂う!未体験の快楽に身を男性は本番盗撮成功!その姿はこの不況の中勝ち抜くための営業方法なのかもしれない!合計5発のザーメンが口内直撃。じっくりご鑑賞下さい…新宿に集合した相川ファミリー。決してお見逃しなく!目の前に現れたオバサンにタジタジ。まずは綺麗な細長い彼女の手でのご奉仕手コキ、打ち立てた甲斐正明が、大半の精子が食道を触ったりする。していたさっきまでと態度を彼女達のあのヤリスギのようなミニスカから突き出たふとももを咥え・・・金で男を買い、しかし男は下腹部が痛いと主張。

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑