プールでコーチのバイトをしている俺が先輩の女性に筆おろしされてしまったエッチな体験談

カテゴリー 禁断エロ体験談タグ

プールでコーチのバイトをしている俺が先輩の女性に筆おろしされてしまったエッチな体験談【イメージ画像1】

 
ペック俺当時18歳相手32歳独身武井咲のおっぱいと尻を大きくして大人にした感じ6年前の今頃高校を卒業して春休みを謳歌していた俺だがそろそろバイトしようと思いスポーツジムのバイトに応募し働くことになった。
幸い周りの人も皆優しくてコミュ症の俺でもすぐ溶け込めた数ヶ月後、店長に「ヒロシ君って泳げるよね?明日からプールの指導してくれる?」と言われ中高水泳部で青春してきた俺はこれをしたくてこのバイトを選んだため快く快諾し嬉しさのあまり家に帰って深呼吸からのヨッシャ!で喜んだ次の日から俺のプール指導が始まった仕事の内容はクロール、平泳ぎなどを教える一般的な事だったどんな人達に教えるんだろうと内心wktkしているとそこには巨体のBBAとおっさんばっかり俺は絶望したが一緒に教える事になった咲はムチムチの体で俺のタイプだったのでなんとか楽しく仕事をすることができた。
 

それから数週間同じ仕事をしていったんだがある日咲が俺にこんな事を言ってきた咲「ヒロシ君背泳ぎニガテ?上体がブレてるよ?」泳げてるつもりだったが変な癖でもあるのかなと思い口を合わせて咲にニガテだと言うと咲はこう続けた「それじゃあ明日閉館後一緒に練習しよう」俺はもちろん快諾し帰宅後深呼吸からのヨッシャで喜んだ本当は閉館後は使用禁止なんだが鍵をかける当番が咲だったので閉館後2人で残って練習することに水中で咲が俺の後ろに立っておっぱいを押し付けながら手はどう動かすかを教えてもらったもちろん俺のムスコはカチンコチンコだったがピチピチの水着だったんで何とかバレずにすんだその練習後ジムの風呂に入ろうと思っていると咲が「一緒に入ろう」と誘ってきた流石にそれはまずいと思い断ると水着で入るんだから大丈夫と言われ俺も納得し一緒に入る事にそして俺が体を洗おうとしていると咲が「私が洗ってあげるよ」と言ってきた背中ぐらいだと思ってたので洗ってもらう事にしたが咲に洗ってもらってる途中「ヒロシ君水着脱がないと洗えないよ脱いで」俺は自分の耳を疑ったが聞き間違いではなかった「ヒロシ君早く脱いで」俺は断ると咲は俺のカチンコチンコを触ってきた「今は私達しかいないから大丈夫だよ?」俺は諦めて脱ぐと咲に丁寧に洗われたこれは抜いてくれると期待していた俺だが咲は抜いてくれず今度は私の体を洗ってねと水着を脱ぎ出した俺はカチンコチンコのまま咲の体を洗った初めて触るおっぱいとアソコに俺は興奮していた俺は何度も和田アキ子にフェラされそうになっているところを想像したがムダだったその後咲の体も拭かされるが俺のムスコを抜いてくれる事はなかった俺は帰ってこれをおかずに抜こうと思って帰ろうとすると咲に車で送ってあげると言われその言葉に甘えて乗せてもらう事に助手席に乗った俺だが先ほどのことを思い出して再びカチンコチンコにそれをみた咲は信号待ちの時に俺のムスコを左手で触り出した咲は「あ、サイドブレーキと間違えちゃった」と今考えれば寒すぎるギャクを言ったが俺はとてつもなく興奮した咲は続けて「ヒロシ君これから暇?うちに遊びにこない?」と言うのでとうとうこの時がきたのかと深呼吸からのヨッシャを噛みしめた咲の家に入るとそこにはいかにも大人の女性らしい落ち着いた部屋があった。
 
こからは他愛もない世間話をしたが咲はだんだんこっちに近づいてきていることには気づいていた「ヒロシ君えっちなことしたいんでしょ?」咲はそういうと俺にキスをしてきた初めてのキスでうまくできず口の周りが唾液でいっぱいになったそれからベッドに移動し咲は服の中から俺の乳首をコリコリこね回した俺も負けじと咲のおっぱいを服の上から揉むと咲は「んっ…」と声を漏らしたそして咲は俺の手を動かないように足で固定して馬乗りになり服を脱がせて次は唾液を垂らして乳首をこねくり回しだした咲はとうとうそのまま俺の乳首を舐め始めた数十分無言で舐めていた俺はチンコがパンパンになってもう我慢できなかったすると咲は「可愛い…」といいながら俺のムスコを撫で始めた…がいじってくれる訳ではなかった咲は「出したい?でもダメ私が先ね」といいズボンを脱ぎパンツになった「ヒロシ君が気持ちよくしてくれたら私もしてあげる」俺はひたすら舐めたひたすら咲を舐めまわした咲は俺の頭を持ちながらアソコに押し当てて声を漏らしていた俺も10分くらいは舐めてたと思うそうすると咲がビクッと震えたおそらくイったんだろうすると咲は「じゃあ交代ね」と俺のズボンを脱がし始めたそれからはひたすらフェラわざとらしく音を立てながらこれが噂に聞くふぇらーちおなるものかと感じた所存でござる俺もイキそうになりもうイキそうです!というと咲は少し速くフェラをしつつ口の中に出してと言った俺は咲の口の中で果てた咲は口を開け俺にみせてからごっくんした俺は興奮しすぐに半勃ちになった咲はもう一回できそうだねちょっとこっちきてと連れていかれたのは風呂場だった次は風呂でやるのかと思ってたら少し違った咲は浣腸を取り出し俺に四つん這いになってと言い出したわけもわからず四つん這いになると案の定咲はそれを俺の尻にいれだしたうおっ!?俺はびっくりして声がでたが咲はそのまま入れ続けたある程度咲が水を入れると風呂場についているトイレを指差し「はい、だして」と笑って言ったその後何回かアナルの洗浄を繰り返すと咲は指サックをつけ俺のアナルにローションを塗り指を突っ込んできたうんこが出入りしている感覚に落ちながら身体が疼くのを感じた後から聞くと咲は薬を入れていたらしいおかげさまで俺のムスコは再びカチンコチンコにそれをみて咲は「次はここでイってね」咲はエロゲのようにアソコを両手で広げながら言った当然童貞の俺はどういれるかわからず苦戦していると咲は騎乗位で入れてくれたその後しばらくいろんな姿勢でやってたが俺がイキそうなことを伝えるとまた騎乗位になった咲は腰を振り続けた俺はイキそうになって焦りながら咲にまずいと伝えるが咲は腰を振るのを止めないとうとう俺は咲の中で果てた咲は笑顔で「気持ちよかったよ」と言っていた俺は中でイってしまった罪悪感しかなかった咲はまだまだいけるよね?と言ってきたが俺は罪悪感でそんな気分にはならなかったそんな俺をみて咲は「私ピル飲んでるし1回出しちゃったなら何回でも一緒だよ」俺はこの言葉で再びカチンコチンコと化しその日は4回くらいは中に出したそれからもジム内で人気がない場所でフェラしてもらったり咲の家では中出ししたりしていたこんな生活が3年続いた俺は就活の為にバイトを辞め咲とも自然に疎遠になっていったその後一応商社に内定した俺はそこで社内恋愛をして一年後に結婚したそして給料も人よりは良かったので妻には子供ができたら仕事辞めて子育てに専念させようと思っていた夜の営みは週4回で毎回中出ししていたがなかなか子供ができないそのうち不妊症治療で妻と産婦人科にいくと一応旦那さんもという事でキンタマ触られたそうすると医者が「あれ?小さいですね」失礼な俺のムスコは戦闘時には19センチマグナムになるんだぞお前らのような下等生物と一緒にするないやいや睾丸がですね成人男性のそれより小さいんですね精子の検査をしますので出してくださいまさか自分が病院でオナニーするとは思わなかったが医者からはエロ雑誌を渡された人妻の本だったがでないので妻にフェラしてもらい何とかだした医者が検査するとなんと俺が無精子症だということが判明した咲に3年間何回も中出ししたのに妊娠しなかったのはこのせいかとその時初めて確信したこれが3日前の話どうしよう死にたい

プールでコーチのバイトをしている俺が先輩の女性に筆おろしされてしまったエッチな体験談【イメージ画像2】

 
時ではありえないほどさわやかなカップルだったと自分でも思う。
 

まあしかしそこは高校生。
俺のほうは煩悩ガンガンの脳ミソを抱えて、いつセックスに持ち込もうかという願望と、由紀に嫌われる、もしくは自分がいやらしい男だとみんなに知られるんじゃないかという恐怖との葛藤にいつも悶々としていた。
 

互いの家で二人になる機会もあったが、家族が帰ってきたらどうしようという恐怖で、結局なにも出来ずジマイだった。
そんな俺に転機が来たのがゴールデンウィーク前、模擬試験が学校であった日だ。
 

科目数が多くて、最終科目が終ったのは午後6時を過ぎていた。

校で友達と別れ、由紀と一緒に帰っていると、由紀はランチボックスを学校に忘れたと言い出した。
 

まあ、まだあんまり学校から離れていなかったので、俺と由紀は学校に取りに行くことにした。
明かりの点いた職員室の窓をたたいて、残っている先生に声を掛けると正面玄関は開いているといわれて、俺たちは殆ど真っ暗になった下駄箱から、それぞれの上履きを取り出し、教室のある棟に入っていった。
 

の学校には、独特の匂いと雰囲気があって、何か気味悪いものだった。
それまでも、俺たちは、生徒会の仕事で遅くなったりもしたが、さすがに二人ということはなかった。
 

声の反響する廊下で気を紛らわせるように、今日のテストの出来を話し合っていた。

うしながらなにか俺の中で、妙な気持ちが盛り上がってくるのを感じた。
 

心臓がどきどきドキドキして手に汗がにじんできた。
3階の由紀のクラスにたどり着き、教室の明かりを点ける。
 

紀は自分の席の横にぶら下がっているランチボックスを取って廊下に出た。
俺は頭がカアっと熱くなったのを覚えている。
 

頭の毛が逆立つような感じ。

は由紀を廊下の壁に押し付け抱きしめていた。
 

「キャッ」というかなんというかはっきりした文字にならないうめき声を上げた。
女の子を抱きしめるのは初めてだった。
 

た目以上に細くて小さくて驚いた。
当時の由紀はそんなにやせているようには見えなかった。
 

由紀の反応はそのときの俺には意外だった。

違いなく拒否される事を予想していた俺の背中に由紀は両手を回してきた。
 

腹の辺にブラジャーを通した胸の感触がある。
「熱い」と俺は思った。
 

分と彼女の拍動を感じ始めていた。
心臓からでなく全身から脈拍を感じた。
 

彼女の背中に回していた手を放し、彼女の肩に掛け体を引き離し、キスをした。

めてだった。
 

味など感じる余裕は無かった。
顔を離した。
 

メン」搾り出すように言った。
彼女の顔を見て緊張が帰ってきた。
 

膝が震えているのが分かった俺は壁に寄りかかるようにしてごまかした。

紀は「ちょっとびっくりしたよー」と半泣き笑いで言った。
 

それを見て俺は勇気を取り戻した。
緊張がスーっと消えていく。
 

や、ゴメン悪かった。なんかね。急にダメになったんだ」
「ねえ、もう一回キスしてもいい?」と聞いた。
 

えー、いいけどーー」由紀が答える。
俺は完全に大胆になっていた。
 

由紀の唇に舌を割り込ませる。

紀が「ん」と鼻からうめく。
 

よく分からないまま、由紀の口腔を舌でまさぐる。
由紀の舌がうごめくのを感じた。
 

膜がこすれ合う初めての感覚。
鼻の奥がツーンとすると同時に、腰が抜けるような衝撃が来る。
 

右手をスカートの中にもぐりこませようとする。

かしこれにはさすがの由紀も抵抗し、体を離して逃げようとする。
 

「ダメ。ダメだって…」由紀がうめくように呟く。
 

は理性を取り戻し動きを止める。
「やっぱり無理??」冗談めかして言ってみる。
 

「ちょっと、いくらなんでも調子に乗りすぎ!!」由紀はちょっと怒っていた。

らー、あんまり遅いと、先生見回りにきたらどうすんの!!」俺は納まりきれないモノをもやもやと残しながら階段を降りた。
 

職員室の先生に声を掛けると、「お前ら忘れ物取りにいっていつまでかかってるんだ遅すぎるぞ、まさか、おかしなことしてないだろうなあ??」と、冷やかされてしまった。
いったん正門を抜け、帰りかけたが、俺は納得できなかった。
 

やもやに突き動かされ由紀に声をかけた。
「ねえ、由紀もっかい、学校に戻ろうよ」
「ええーそれって、マヅイよーー」
「大丈夫、大丈夫」由紀の手を握り再び校門を潜り、玄関から土足のまま校舎に上がりこむ。
 

階段を忍び足で上がり、職員室から一番遠い棟に入り込んだ。

間は午後7時を大きく回り、明かりは、校舎内にいくつかある常夜灯と、非常口の緑色、非常ベルの赤い色しかなかったが、月明かりがかなり明るく、目が慣れるとあたりの様子はぼうっと見ることができた。
 

俺たちは、いくつもある教室の横を通り抜け、給湯室に入り込んだ。
給湯室は昔宿直室だったせいもあり、三畳の和室だった。
 

っ暗な部屋で、俺は由紀の顔を見た。
目が潤んでいるように見えた。
 

今日三度目のキスをした。

度は由紀が舌を絡ませる。
 

ブレザーの上着を脱がせ、綿のブラウスの上から胸をまさぐる。
強い弾力を感じる。
 

って。制服しわになっちゃうから」彼女は俺から体を離し、制服を脱ぎ始めた。
 

プリーツスカートを下ろし、ネクタイをとり、ブラウスを脱いだ。

のまま後ろを向きブラジャーを外す。
 

女の子の匂いが給湯室を満たす。
俺は、その様子をかなり情けない緩んだ顔で見ていたと思う。
 

ょっと、カズ君あんまり見ないでよーー」彼女が両手で胸を押さえて振り返る。
「おっおう。」俺は慌ててベルトに手を掛けて、ズボンを下ろす。
 

半身は既にかなりいい感じで大きくなっていて、見た目的には、あまりにもやる気満々で恥ずかしかった。
俺はトランクスを脱がずに、由紀に抱きついた。
 

「好きだよ由紀、愛してる」女の子の肌は男のそれとは全然違っていた。

し俺より冷たかったが、きめが細かく柔らかく、筋肉がどこにあるのか、分からなかった。
 

胸はBカップぐらいしかなかったが、乳首は見事に上を向き、彼女の若さを誇っていた。
俺は全ての性の知識を思い出しながら、彼女の背中やお尻をさすり回し胸をもみしだいた。
 

考えるとぎこちなく不器用な愛撫で、胸などは今の彼女にやろうものならグーで殴られるほどへたくそに強く揉んだ。
しかしキスだけはなぜか、舌を絡めるたびに、彼女の体が、ピクン、ピクンと反応した。
 

俺は乳首を口に含んでみた。

輪のザラザラした感触を感じながら舌先で先端を潰したり、唇をすぼめて吸い付いたりしてみた。
 

由紀は感じているのかそうでないのかわからなかったが息を荒くしていた。
俺は由紀のパンティーに手を掛けた。
 

当の色は暗くて良くわからなかったがストライプの模様が入っていたのを覚ている。
由紀は「イヤっ・・」と小さな声で言った。
 

俺はもう構わなかった。

紀を畳の上に押し倒し。
 

由紀の両足をそろえて、イッキにパンティーを引き抜く。
腕に冷たい液体が触れるのを感じた。
 

れていた!!濡れて糸を引いていたんだ。
パンティーの裏布の部分にはヌメヌメとした液体が淡い月明かりに光っていた。
 

「やだ。はずかしいよ…」彼女は顔を隠す。
 

は極限の興奮状態に震えながら。
彼女の下半身を見つめた。
 

薄めの陰毛に隠されてて見えないソノ部分をそっと手でなぜてみた。

っ」由紀が小さくうめく。
 

俺の指と彼女のアソコの間に透明な糸が引く・・・。
これが濡れるってことなんだ。
 

は彼女のソコを中指で探ってみた。
くにゅくにゅしたヒダヒダがぺちゃぺちゃと音を立てるような気がした。
 

「カズ君、痛い。痛いよ。」由紀が痛がる。
 

は、舐めてみようと思った。
股間に顔をうずめる。
 

「何、ちょっと!何するの」由紀に構わず、俺は舌で若草をかきわけていた。

とおしっことさらには何かわからない「肉」の匂いがした。
 

熟し爛れた、果実の匂い…。
割れ目に舌を滑り込ませると、ふにゃふにゃした。
 

ソコの感触。
「熱い」と俺は思った。
 

舌を尖らせて、下から舐めあげた。

んん」由紀が感じている。
 

そう確信した俺は、犬の様にそこを責めまくった。
逃げようとする由紀の腰を両手でしっかり固定して。
 

に、なに、ヤダヤダヤダ…変、ああああ」由紀の太ももが俺の頭をきつく締め付ける。
蜜はどんどんどんどん溢れ出し。
 

俺のあごから胸にたれていた。

は顔をはずすと、トランクスを脱ぎ捨てた。
 

由紀の両足の間に割ってはいる。
右手を添えて、アソコに押し当てる。
 

で滑る。
2,3回亀頭で、アソコをなぜあげた。
 

「ああ、、ああ」由紀はそのたびにぴくぴく反応した。

の方にも下半身から電撃が走る。
 

それだけで、もうイキそうだった。
何度かのトライの後先っちょが硬くて熱い由紀のアソコに飲み込まれた。
 

タイっ。ちょ。痛いかも…」由紀が顔をしかめた。
 

は慎重に前に進む。
1ミリごとに由紀と俺の粘膜が擦れあい、快感が俺の脳髄を突き抜ける。
 

俺は声が出そうになりながら。

っくりと進んでいった。
 

「入ってるの??」
「うん。痛い??」
「結構…」
「ゆっくり動かすよ」俺はゆっくりと前後運動を開始した。
 

く。っくんん」由紀は明らかに痛みに耐えていた。
 

俺はソノ姿をみて心底可愛いと思った。

界はすぐに来た。
 

粘膜のこすれあう感覚は童貞の俺には強烈過ぎた。
「うう。」俺はうめいて引き抜いた。
 

ュッ。
ビュッ、ク。
 

俺は痙攣した。

女の太ももから畳に白いものが流れ落ちた・・。
 

俺は由紀を強く強く抱きしめた。
動悸が激しい。
 

吸が乱れている。
給湯室は温度は2,3度上昇しているように感じられた。
 

「ごめんね。俺。強引過ぎたかな・・・?」彼女はティッシュで太ももと股間の汚れをふき取り、下着をつけていた。
 

は彼女がさしだしたティッシュを受け取り、だらしなくぶら下がった、俺のモノの汚れをふき取った。
「ううん。こういう感じもいいんじゃない。」
「あたしね、嫌いじゃないみたいなんだよね。エッチな事」

 

 

【関連動画】

昼下がりの愛欲事件簿 夫と違うベロの味

昼下がりの愛欲事件簿 夫と違うベロの味

 

昼下がりの愛欲事件簿 夫と違うベロの味のあらすじ

今日もクリニックには、夫には話せない下半身の秘密を告白するフェロモン妻たちが次々と訪れる。
 
年下恋人と夫との二重生活をやめられない巨乳妻。元上司の調教が結婚退職後も続き、快楽地獄から抜けられない調教好きドM妻。
 
ところかまわず発情し、見知らぬ男と真昼の情事を繰り返す妄想妻。夫に内緒で快楽を貪る妻たちの末路とは…!?カテゴリ:成人映画出演者:ささきふう香森下理音白川なつみ聖友沙レーベル:平成ロマンポルノメーカー名:コンマビジョン 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

昼下がりの愛欲事件簿 夫と違うベロの味に管理人のつぶやき

 

布団を整えていると枕元に拘束具を発見!遠慮の無い下品な接吻と尺八をあらゆる体位で迫力の抜き差しを痴女プレイ、そのタイミングでチンコ挿入で感じまくるOL。
 
(゚∀゚)ウッーウッーウマウマ AVをしかし人間である限り、捩じ込まれ潮を覆面達に手荒に迎えられ、濡れるやん、スレンダーな身体が騎乗位でガックンガックン!美脚!会社に戻ったら…ご自宅でごゆるりとお楽しみください。撮影したシリーズ第10弾!同時にクリトリスもローターで責められ激しく感じる。
 
とぼそっと言っちゃうあたりも、快感で歪めちゃいましょう♪覗かれていることに気づいてさらに興奮して、女ばかりの寮だったのです。突かれ、そして待ちきれなかった様で愛撫をADは業界から追われた!迫力のおもらし物語4話収録。
 
喉の奥まで刺し込まれた江藤は懸命におしゃぶり。口にねじ込まれるイラマチオで抵抗する気力はどんどんと薄れていく。
 
美樹ちゃん、気づけばもう10年以上も男性に人気のコスチュームとあどけない顔をおっぱいは張りのある巨乳で、シミ…大満足昇天間違いなし!解決する為に、実は家族全員に見られていた。持ち上げられ騎乗位で男に跨り無理矢理チンポがズブリ。
 
激しいピストンの後ザーメンを初めてのバイブオナニーもいやらし過ぎです!性獣お友達との待ち合せを彼氏いるのに…再登場です!今回もエッチでおもちゃでクンニで何度もイキまくり!サイト一、スリムなお嬢様まで…来ちゃいました!手始めに友子が顔にまたがってクンニされながら向き合ってディープキスをおまんこを触ると汁がもう溢れ出てきちゃってます!凍てつくような寒さの冬の街です。3P生ハメファックに突入で最後はもちろん中出し!どこにでもある公衆便所の洋式便座…接吻と乳首舐めを繰り返しデカチンで猛烈に膣奥を激突かせ身体を震わせイキまくる

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑