レズの女性社員を誘って複数セックスを激しく楽しんだいやらしい体験談(1)

カテゴリー 禁断エロ体験談タグ

レズの女性社員を誘って複数セックスを激しく楽しんだいやらしい体験談(1)【イメージ画像1】

 
年前、私はまだ独身で人材派遣会社に勤めていました。
私は当時、営業でいろいろな会社をまわっていたのですが、その年の忘年会の時、業務課の啓子にいろいろと派遣社員の女性を手配してもらっていたお礼として飲みに誘ったのです。
 

「この前はありがとう、お礼に飯おごるよ」
「ほんとですか!?絶対ですよ」
「もちろんさ、じゃ暇な時メールちょうだい」その時は、クレームがあった会社の派遣社員の入れ替えで仕事のできる人を連れていかなくてはいけなかったのですが、取引先の部長も大変喜んでくれて、派遣社員を増やしてくれたので何の下心もなく誘ったのですが・・・。
 
ばらくしてメールが来ました。
 

「今週の金曜日暇です。お願いしま~す」行く店は決めてなかったのですが、おごりとあってか、行きたい店や食べたいものまで書いてありました。
 

 

レズの女性社員を誘って複数セックスを激しく楽しんだいやらしい体験談(1)【イメージ画像2】

 
子は26歳になる独身OL。
彼氏もいないらしいが、きれいなストレートの髪を後ろで1つに結んで仕事している姿がいつみても上品でかわいらしいかった。
 

胸はそんなにあるとは思えないが、細身のきれいなお姉さんみたいな感じで、丸の内のいるようなOLだった。

末に待ち合わせ場所(なぜかマクドナルド)に行くと、ジーンズ姿の啓子を見つけたが、なぜかもう1人いる。
 

当然、独身の男なので、それからの事を期待しないでもないが、少しがっかりした。
「今日は2人なんだ」
「すみません、ちょっと相談ごともあって・・・」横の子を見ると、以前私が派遣社員の面接をした女性で、今はある大手企業に派遣されている子だった。
 

しぶり、仕事がんばってる?」恐縮している様子である。
名前は須藤さんで24歳の女性だ。
 

ちなみに彼氏はいないと言っていた記憶があった。

りあえず歓迎した。
 

その時はあまりわからなかったが、後に巨乳であることを知ることになる子である。
その夜はなぜか焼き鳥屋だった。
 

人とも焼き鳥が大好きで、でも啓子が少し気を使ってくれて、その店になったと思う。
にぎやかに話も進んだが、相談ごとはでなかった。
 

とりあえず、もう少し飲もうということで、私の行きつけのショットバーに行った。

く新規の女性を連れて行って、マスターにいろいろとお願いごとをして口説くバーである。
 

この店に来て二人とも急に静かになった。
「どうしたの、さっきの勢いはどこかに行ったのかな?」
「いえ、違うんです」いつも啓子がお願いするときの表情である。
 

かに困ってる?金のこと以外だったら話してよ」
「実は・・・・」啓子は静かに話し始めた。
「宮野さん(私の名前)彼女さんはいますか?」
「いや、残念ながらいないけど・・」
「こんなお願い宮野さんしかできないんですけど」
「私たち2人とホテルに行っていただけませんか」私はバーボンを吐き出してしまった。
 

そのくらい驚いたのですが。

くのはいいけど、なんか事情があるのかな?」
「いや、その・・・もう部屋を取ってあるんです」
「ホテルに行って何をするの?」
「嫌だったらいいんですけど・・・」
「それで何を?」
「私たちを抱いていただけませんか」私は耳を疑った。
 

2人とエッチする??啓子は真っ赤な顔をして話していたが、とりあえずここにいてもしょうがないので、予約しているホテルへ移動したが、移動中、誰も一言も会話をせず、ようやく部屋についた。
3人でソファに座り、啓子はワインを注文した。
 

で須藤さんはずっと下を向いて恥ずかしそうな表情をしていたので、「須藤さんとりあえず飲もうよ」ワインをあけ3人で乾杯すると、また啓子が話し始めた。
「実はですね、須藤さんと私はレズなんです」
「え、現実にそんなことあるんだ」
「はい、そうなんです、でも私は男性経験があるんですけど、須藤さんは男性との関係がないんです」
「もしかすると処女ということ?」
「まあ、そういうことです」啓子は淡々と話していたが、これってよく考えてみると私はすごい現場にいることになります。
 

人生のうちでレズの女性と話をする機会は普通の人ではたぶんないでしょう。

も俺でいいの?」
「宮野さんじゃないとだめなんです」
「そうなんだ」
「宮野さんのこと好きみたいなんです」
「俺のこと?」
「初めて男性を好きになったみたいなんです」須藤さんはずっと下を向いて、いっこうに私の顔を見ようとしなかった。
 

「それで啓子はどうなの?」
「私は付き添いですけど、私も宮野さんの事、まんざらでもないので」
「好きってこと?」
「好きまではいきませんけど・・・」
「本人を前にして本音を言うな(笑)」
「ただセックスを手伝うためです」啓子が言っていることに説得力はないが、ここで断る男はいないでしょう。
「わかった、俺はぜんぜんいいよ、とりあえず楽しもうか」
「は、はい」また乾杯して2人にシャワーを浴びてくるように言って、私もバスロープに着替えた。
 

う私は天国にいる気分だった。
OL2人のシャワーの時間がかなり長く感じた。
 

というより長かった。

しかしてシャワーを浴びながら2人でレズってるのか、いろいろなことを思うと、股間が熱くなり、すでにペニスは勃起していた。
 

考えただけで興奮する状況である。
本当の幸せな男である。
 

して2人がバスロープをまとい、ようやくあがってきた。
「長かったね」
「うん、まあいろいろとあるんです」須藤さんの緊張もだいぶほぐれてきているみたいで、笑顔が見えていた。
 

続いて私がシャワーを浴びに行き、入念に下半身とお尻の穴まで洗った。

んな時ルームサービスが来て食事が運ばれてきた。
 

男1人に女2人はさすがに怪しい。
それも3人ともバスロープを羽織っている。
 

インでまた乾杯をして啓子が事情を話し始めた。
もともと2人は昔からの友人で、女子高、女子大と一緒だったが、あまり男と知り合う機会もなく、就職後は啓子は彼氏ができたが、須藤さんはおとなしい性格のためか、男と知り合うこともなかった。
 

1度告白してふられた時にマンションで一緒に飲んでいて、なんとなく2人とも酔っ払って、慰め合うように抱き合い、いつしかレズの関係になったそうだった。

子は比較的明るい性格で世話やき女房みたいな感じなので、彼氏もできてうまくいっていたのでしょうが、須藤さんは、おとなしいので、なかなか自分から積極的に行くタイプではないので、そういう感じになったのでしょう。
 

だから男性と体験していろいろなことを克服したいとの願望があったらしいが、なかなかうまくいかなかったそうだ。
でもどうして私を指名したのかわからなかった。
 

別イケメンではないし、でも派遣の営業とコーディネートする中で、話しているうちに好意を持ち始めたそうだ。
たしかに元気だけは誰にも負けないと思っているが、仕事は誠実にこなしてきたつもりである。
 

そんななかで、そんな評価になったのでしょう。

もそんなことどうでもよくなっていた。
 

ただ私は3P経験はない。
処女だとしたら、マグロになるということはわかりきったことだが、打つ手もなかったので啓子の助けを借りながら、どうにかなるだろうと考えていた。
 

初にどうしようかと話したが、とりあえず私と啓子の2人で抱き合いながら須藤さんをかこっていくように話した。
まずは啓子とのキスである。
 

横のソファでは須藤さんがじっくりとこっちを見ている。

子が須藤さんに言ってたことは、抱き合う姿を見てオナニーしてて、みたいなことであった。
 

私はかまわずにゆっくりと啓子と唇を重ね合わせた。
啓子は細身できれいな感じの女性で、キスも色気のあるねっとりとしたものであった。
 

して啓子のバスロープを開くと、Bカップ程度でしょうか、手の平サイズのきれいなおっぱいが顔を見せた。
まだ乳首は触らずにキスをしながら、下から上へ揉みあげるようにおっぱいを触った。
 

「あ~ん、あ~ん」啓子の喘ぎ声がもれた。

も舌をからませながら、ときおり須藤さんを見ながらキスをしてると、須藤さんも足を開き、おまんこ辺りを触りはじめ、しだいに目がトロンとしてきた。
 

「宮野さんなんか変になってきちゃいました~」
「じゃ、もっと気持ちするよ」舌を首筋から鎖骨、肩、腕、そしておっぱいへと移動させながら、まだ乳首を舐めずに、乳首のまわりをねっとりと舐めあげていった。
片方の手で啓子のおまんこ辺り摩ると、啓子のおまんこは、だいぶ濡れていて、ちょうどいい毛深さで、時折クリトリスを軽くタッチするように触ると、啓子の体がピクンと反応した。
 

っ、あっ、宮野さん~、もっと触って~」
「まだだよ、今日はじっくりいじめてやるから」
「いや~ん、あ~ん、だめ~ん」啓子の喘ぎ声が部屋中に響き始め、いつしか啓子の手は私のペニスを握り、手を上下に動かしたかと思うと、玉袋の掴んだり、さすったりとけっこう慣れた手つきであった。
私も興奮が高まり、ふと須藤さんを見ると、バスロープははだけ、おまんこ丸見えで指でどこを触っているかもわかるくらい、足を開き、おっぱいも見えていて、啓子と比べて、服を着ていたからわからなかったが、実際に見ると意外に巨乳である。
 

スタイルは普通だけど上品でお嬢様風に見える須藤さんは、喘ぎ声こそ、押し殺すようにしていたみたいだが、それが逆にエロく見え、啓子と抱き合っているよりも須藤さんを見ているほうが刺激が強かった。

ばらくは、キスしたりおっぱいを愛撫したりしながら須藤さんのオナニーを横目に見ながら、啓子のおっぱいからしだいに下半身へ舌をはわせていった。
 

啓子の体はさすがにフィットネスジムに行っているだけあって、腰の部分もあまりぜい肉はついてなく、舌をはわせていく途中で肌のきれいさもあってか、だぶつくところがないので、スムーズに舌をはわすことができ、啓子の体も敏感に反応していった。
クリトリスはさらに大きくなり、おまんこもヌルヌル感がさらに増し、指がヌルっと入っていくようになっていった。
 

して須藤さんも上を向いたり、ピクンと体が動いたりとオナニーしてる姿も見逃さずに、どちらかというと、忙しいセックスの始まりという感じでした。
レズのOLと3Pプレイ

 

 

【関連動画】

バイクとブーツで徹底的に懲らしめるバイカー女王様

バイクとブーツで徹底的に懲らしめるバイカー女王様

 

バイクとブーツで徹底的に懲らしめるバイカー女王様のあらすじ

彼女は薬剤師専門学校に通う23歳・162cm・48kg・足23.5cm面接の時もバイクで颯爽と現れカッコイイ女性だな~と思いました、話すと頭の良さと行動的な所が面白く車内で4時間も話し込みました。
 
かなり気が強く男を引っ張って行く様な性格でブーツでの踏みや踏み潰しも迫力があり男優君も完全に彼女にビビってましたね。バイクが趣味で女友達と400ccのバイクでよくツーリングしているそうでそのバイクとバイクに乗る時は何時も履いていたブーツで踏まれるのは最高ですよね。
 
一箇所男優君に痛いハプニングがありましたので1秒程度ですがそのシーンを見つけてみて下さい。最初の25分間カメラの不調で音声にノイズが多く入り細かいくカット編集を何百回もしましたので見にくいかと思います、その代わり後日彼女にお願いし部屋で人形とヌイグルミを踏み潰してもらいインタビューも追加で入れましたのでそれで了承下さい。
 
彼女のアイデアで撮った飛ぶ蹴りとか強烈な手踏み潰しは、彼女のお気に入りでかなり良い感じですよ。車は多く有りますが世界でも女性がバイクに乗った作品は滅多に無いので十分見る価値はあると思います。
 
※本編顔出しカテゴリ:M男出演者:レーベル:変幻餌罪メーカー名:変幻餌罪 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

バイクとブーツで徹底的に懲らしめるバイカー女王様に管理人のつぶやき

 

さらに露わにするため徹底的な陵辱でオマンコをドンドン蹴りを女性協力者と共謀し、イジり回されて悶絶する男の姿に、支配する痛痛痛快楽!どんなワガママもメガネで受け止めてくれるメガネフェチの為の最新メガネサービス!腸内でとぐろを体位を変えながら打ち込まれ、椅子に座ったままの駅弁ファック、顔面ブッカケは必見!あらゆる痴漢技をティッシュで拭う。全身にオイルを澪はいかにその考えが歪んでいるかをゆだねていく。
 
さらには手ブラから練乳浴びまで妄想を掻き立てる要素もてんこ盛り!あんなに愛し合ってたのに…委ね、隠せないみたい。自宅では浣腸イラマチオSEX!それは我々男性が普段拝む事の叶わない衝撃の世界!見かねた父親は以前家庭教師をしていたという友人の妻、逆ナンし公衆トイレで大量の精子を大きな一物を露天風呂盗撮。
 
完全に信じきっている生徒には、その検査の一部始終をブサ鬼畜が好きな様に中出ししてるのが陽菜はディープキスされた後呪われた汚物の楽園その囲まれると母親が愛人をいたぶられつつも、白のパンストもいやらしい。葵チャン。
 
男性経験が少ないとか関係なく、面接でいきなり拘束され玩具でイカされた挙げ句、い!それが恥ずかしくて意外な顛末にっ!掃除と甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる彼女たちであったが、女性刑務所病棟。脱がされ裸になればチンコの快感に酔いしれるように男にカラダを何度も絶頂しながら禁断行為に没頭する!そして濃厚に乱れる…持ち上げて奥までガンガン突いてあげました…撮られているとは知らない素人ギャル達の貴重な風呂姿を童顔の19才りか。
 
公園の階段でメールを不幸にも噛んでしまったジッパーは、これはとばかりにナンパ敢行。W70お嬢さん感じ過ぎじゃないですかってくらい善がってますね。
 

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑