無意識に姉のお風呂を覗いたことから始まった秘密のいやらしい関係(5)

カテゴリー 人妻エロ体験談タグ

無意識に姉のお風呂を覗いたことから始まった秘密のいやらしい関係(5)【イメージ画像1】

 
が家は自営業を営んでいて、ほぼ毎日、両親は在宅なのだ。
どっちかが居ないことはあっても、どちらも不在ってことは滅多になかった。
 

一応定休日みたいなものはあったが、オヤジがパチンコしに行くくらいで母親は家でくつろぐ感じ。
 
の日はその定休日ってやつで、オヤジは朝からパチンコに出かけたけど、昼過ぎくらいに一旦戻り、母親も誘って、もう一度パチンコに出かけていった。
 

こんなことが、1年に2~3回くらいあって、そういう日は必ず小遣いが貰えた記憶がある。
夕方くらいに母親から電話があり、二人とも大フィ-バーだとのこと。
 

 

無意識に姉のお風呂を覗いたことから始まった秘密のいやらしい関係(5)【イメージ画像2】

 
まに息抜きしてもいいかな、晩御飯はテキトーに食べて」って、そんな内容の電話を受けたのは姉だった。
俺は自室でポケモンとかやってた気がする。
 

電話が鳴ったなぁって思ったら、ドタバタと姉が階段を駆け上がってくる。

ャンス!チャンス!」って姉が言ってたので、なんか変だなって思ってた。
 

ドーンって俺の部屋の扉が開け放たれて、息を切らした姉がこう言った。
「軍曹!お父さんたち夜まで帰ってこないよ!一緒にお風呂入るチャンスぅううっ!!!」いや、叫んでた…。
 

はとうとう姉が狂ったと思った。
「一緒にお風呂入る」って言葉はちゃんと聞こえてたけど、「なんで?」って疑問が先に来てた。
 

反応の鈍い俺の様子に姉は戸惑う。

、あれ…?なんかもっと…喜ぶかとおも、思ってた…」俺はすごく冷静に、やってたゲームのデータをセーブして、それから電源を切った覚えがある。
 

「なんて電話だったの?」両親のどっちからからの電話だったことは察しがついていたし、姉が狂ってしまったのはその電話がきっかけなのは間違いないって思った。
そして先述した両親からの電話の内容が俺にも伝わる。
 

がチャンス!って言ってた意味がなんとなく理解できてきた。
1年に数回起こるそういう日は、つまり両親がパチンコ屋が閉店するくらいまで帰ってこない事を意味する。
 

そう思ったら、姉と一緒にお風呂ってのが急に現実味を帯びてきて、メチャクチャ喉が渇くのを感じた。

めん、なんか変なこと言っちゃったかも」姉がなんだか引き攣った笑顔を浮かべて、困ったように小さくつぶやいた。
 

「は、はいるっ入るよ、一緒に入るっ!!!!!」これ以上姉を困らせちゃダメだって妙な責任感からなのか、気付いたら俺は叫んでた。
その叫びに姉はビクッとしたあと「じゅ、準備してくる、してくるねー」って逃げるように去っていった。
 

が階段を駆け下りる音が聞こえなくなったのを確認したあと、俺は深呼吸してベッドに飛び込んだ。
それからもがきまくって、布団相手にパンチしたりキックしたり暴れまわった。
 

姉が階段を駆け上がる音が聞こえてくるのと同時に、何食わぬ顔で電源も入っていないゲームをやってるフリをした。

屋に戻ってきた姉は「玄関鍵しめてチェーンロックしてきちゃったw」って笑った。
 

そのセリフを聞いて俺はすぐ勃起した。
「なんか軍曹と一緒にお風呂だなんて、久しぶりだねー」屈託のない笑顔っていうのはこういうのを言うのだろうか。
 

れはまるで、数年前までと同じ感覚のまま今日も一緒にお風呂に入るつもり、であるかのようにも思え、そのあまりの邪気のなさに俺は不安を感じた。
対するは俺はすでに勃起しまくり。
 

「姉と一緒にお風呂」
=「エロ」ってしか思ってなかった。

秒前までベッドで暴れるくらいまで大興奮してたほど。
 

この温度差は一体…。
「あ、あの、姉ちゃん?」
「ん?」
「俺、一緒にお風呂なんて入ったら、その、なんていうか…」
「勃起」っていう言葉は、シモネタトークしたあの夜にも何度か使ってるはずだったので、姉に向かってその言葉を使うのは特に抵抗はなかったのだが。
 

に?」
「ぜったい勃起するけど、どうしよ…」
「キャァアアアアアアアアアー!!!言わないでよ!あとで考えればいいのに!緊張してくるじゃん!」姉はその場でジタバタして、嬉しいんだか困ってるんだかよくわからないリアクションしてた。
「迎えにくるから!」姉は顔を真っ赤にして、風のようにピュイっと去っていった。
 

姉が本当は緊張してるってわかったし、なによりも俺が姉の裸を見たいのと同様に姉も俺のチンポが見てみたいのだ、ってことが伝わってきた。

と一緒にお風呂に入るということをリアルに想像できていなかった俺は、姉の裸も見れるが俺も裸になるってことが頭から抜けてた。
 

何度も覗いたあの浴室の空間に、俺も裸で一緒に居ることを考えたら、メチャクチャ緊張してきたけど、窓は絶対に閉めようとかそんなことも冷静に思ってた。
それから姉が迎えに来るまでの時間の長いこと長いこと。
 

かが数分だったろうけど、両親が戻ってきてしまうじゃないかって不安が常に押し寄せてきた。
両親の電話からまだ30分も経ってない。
 

現実的に考えれば、よほどなにかのアクシデントがなければ、急な帰宅は有り得ない。

うは言っても、そこが一番心配の種であることは間違いがなく、車のエンジン音とかそういう音に対してすごく敏感になってた。
 

冷静さを取り戻した姉が再び部屋へやってきた。
上下スウェットみたいなラフな感じになってて、髪の毛もシンプルに後ろに結んであった。
 

がお風呂に行く時のいつも通りのスタイル。
ただいつもと違って、その口から「軍曹、お風呂行こ…」って誘いの言葉が出た。
 

誘導されるようにして部屋を出る。

と前後に並んで1歩1歩階段を下りながら、二人とも何も話さずにいた。
 

無言は耐えられなかったし、無理矢理にでも何か話そうと思っているうちに、洗面所の前まであっという間に来てしまう。
扉に手をかけ、俺の緊張感がマックスに達しようとしたその時、姉から「待った」の一声。
 

が家には人が出入りできそうな大きめの窓、がいくつかあったんだけど、そこもちゃんと施錠しようかという話になった。
結局、家中の窓という窓の鍵を確認することになるのだが、今考えてみると、この時の俺達の行動を思い出す時が一番ドキドキする。
 

これから二人がすることは絶対に誰にも見つかってはいけない、って十分認識した上で、それでもやめられなかった、ってところが何とも言えない甘酸っぱい思い出なんだ。

親の寝室にも足を運び、窓の施錠を確認。
 

フッと思い出したように姉が母親の化粧台?みたいなもんの引き出しを漁る。
そこから小瓶みたいなものを取り出し、「これで遊んでみようか?」っていたずらっぽく言った。
 

にそれ?」
「たぶんローションってやつ」
「へー」
「持っていこw」両親の寝室になぜかローションがあった…。
自分の親の性生活など想像したくもないし、今考えるととっても欝になるwミルクスキンローションとか、化粧品の類のものにそんな言葉が表記されてあるのを見たことがあったので、俺は姉に言われるがまま、ただ「うん」と頷いた。
 

(なににどう使うの?)って疑問は浮かんだものの、「遊んでみよう」とか言われたもので、それをお風呂で使うと楽しいのだろう、くらいにしか思ってなかったよ。

然ながらローションがエログッズだなんて知るわけもない。
 

でも姉はローションがヌルヌルアハーンなものだと知ってたんだろうなぁ。
母親の化粧品とかときどきイジってたから、その時に発見してたのかも。
 

だ、この日、ローションは浴室に持ち込まれたものの、俺達二人はその存在を忘れたまま過ごしてしまい、全く使われることはない。
ローションがその真価を発揮するのは翌週の出来事であった。
 

施錠でちょっと間が空いたのと、厳重に鍵をかけて回った、ってことで、ちょこっと余裕が出たのか、再び洗面所に辿りついた時にはいくらか気が楽になってた。

は先ほどの小瓶を片手に浴室に入っていって、浴槽をジャブジャブしたあと、「ちょうどいいかも」って言いながら戻ってきた。
 

そしていきなり上着を脱いだ。
いきなりそこに現れたブラ姉に俺はちょっとビビって目を逸らした。
 

目でチラチラ見てたら、姉は下も豪快に脱ぎ去り、あっという間に下着姿に。
「恥ずかしいとかないの!?」俺は姉のその脱ぎっぷりにビックリで、素でそんな質問をしてた。
 

「ここまできたらもう勢いだよ、勢いっ!」って顔を真っ赤にしながら姉が言うので、俺もつられるようにして上着を捲り上げた。

分の上着で、一瞬目の前が暗くなる。
 

失った視界が再び復活したとき、ちょうどブラのホックに手をかける姉の後ろ姿。
そこからはまるでスローモーションみたいにコマ送りで記憶が残ってる。
 

ラを外した。
上半身はだかの姉がパンツにも手をかける。
 

ケツが見えた。

、左と、順番に脚が抜かれる。
 

その瞬間、脇の下から横乳が見えてるのも見逃さなかった。
見たいと思ってたそのシーンは、惚けたように見つめる俺の目の前で、あっという間にもう終わってた。
 

事な部分を隠しつつ、首だけ振り向いた姉が、恨めしそうな視線を俺に向けた。
「軍曹も早くぅっ」急に現実に引き戻され、全裸の姉が至近距離にいるというその現実に、思わず後ずさる。
 

「さ、先に入ってて…」
「軍曹…ちゃんと、ちゃんときてよ…ね…」姉はそう言って、浴室へと消えた。

が言い残していったセリフは、すごく効いた。
 

出来ればこの場から走って逃げてしまいたい、そんな気持ちが芽生えかけてた俺もさすがに覚悟を決めて裸になる。
カチコチに上を向いている自分のチンポを見て、どうすんのコレ、って思った。
 

だ、さっき姉には絶対勃起すると伝えてあったので、(こうなっててもおかしくないのではないのか)って緊張感の中でなぜかそこだけは楽観的に考えてた。
タオルを巻くっていう選択肢もあったけど、なんかそれは男らしくないってそんな強がりも手伝い、俺は堂々と浴室の扉を開け放った。
 

「う…うわぁ…」俺の姿を見て姉が目を逸らした。

らかに動揺してた。
 

そんな態度をとられてしまえば俺も急に不安に駆られ、慌ててチンポを隠す。
俺の心理状態をすぐさま反映したのかチンポも勢いをなくす。
 

はちょうど体を流し終わったところで、無言で浴槽へと浸かる。
それに入れ替わるようにして俺は椅子に腰掛け、頭からシャワーを浴び、一気にシャンプーした。
 

その勢いのまま体も洗い始める。

、洗ってあげようと思ってたのに!」
「いや、いい」
「なんで?」
「いや、なんとなく」勃起したチンポを見て姉にドン引きされたと思い込んでた俺は、ちょっと暗い気持ちになってた。
 

「軍曹、普通にして」そうは言っても、その普通が難しい。
「べ、べつに、普通。これが普通」ここからしばらく俺は借りてきた猫みたいにおとなしくなってたと思う。
 

も話さなくなった。
チンポを洗う。
 

当時の俺は、剥こうと思えば剥ける、みたいな感じ。

でに完全体になっている先輩の「剥く練習しとけ」みたいな言葉に感化され、お風呂の時は必ず、剥く練習を兼ねてチンカスを洗い流す、という習慣が。
 

おかげさまで今でも立派な仮性包茎です。
洗ってるうちに通常モードに戻ったチンポ、そして俺もちょっと気が楽に。
 

に交代するよう促して、俺が浴槽へ、姉は入れ替わりに洗い場へ、という流れ。
になるはずだったのが、姉が浴槽に滑り込んできて隣に並ぶようにして肩をくっつけてきた。
 

「ちょっと姉ちゃん、狭いし」
「軍曹、普通にしてよー。もー」姉が肩をドンドンとぶつけてきて、波打つ湯面が荒々しく揺れてた。
 

あたりを掴まれて軽く引っ張られたら、浮力のせいもあるのか簡単にクルッと回転させられた。
膝を突き合わせるような格好で、姉と向い合わせになる。
 

「どこ見たらいいのか…わからん…」真っ先に口をついて出た言葉。

線が定まらず、まさに目のやり場に困るという状況。
 

それまで意識して姉を見ないようにしてきたが、さすがに真正面ではどうしようもない。
「いまさら?何回も覗いてたのに?」姉に全てを打ち明けた夜に、実は覗いたのはその日が初めてではなく何回か覗いてしまった、ってことは言ってあった。
 

れでもそのことはうやむやにされてきたわけで。
こうして今こんな状況の時に「覗き」に関して触れられるとは思いもしてなかった。
 

シーン…。

、ごめん。ソレ怒るつもりはないんだ、悪気はなかったごめーん」
「ごめんごめん、って言われても。謝んなくちゃいけないのは俺だし…」姉は自分が悪くなくてもすぐ謝る。
 

も怒るつもりはないってのはわかってた。
もし覗かれてカンカンに怒ってるとしたら、一緒にお風呂とか思いつくわけがない。
 

「なんで一緒にお風呂入ろうって思ったの?」姉がちょっと困って考えてた。

うやく顔が見れた。
 

なんだ顔見ればいいのかってそう思った。
「覗くほどに見たかったなら、一緒にお風呂入ればいいんじゃん?…って思った」
「まじ?なにそれ?姉ちゃん恥ずかしくないの?」
「いや恥ずかしいけどぉ…もう覗かれて見られてるわけだし…」
「ご、ごめん…」
「いや、だから、謝らなくていいってばぁー」ちょっとずつ二人とも口数が増えてきた。
 

れに私だって見たいわけだよ…」このヒトは素直で正直者なんだと思った。
俺と違って。
 

「チンポ?」
「ち、ちんぽ…じゃなくて、おちんちん…w」なぜ姉が言い直したのかは謎だけど、なんか面白かった。

っき見てた?」
「うん。下向いてるものだと思ってたのに上向きだったからビックリした」
「うはw」
「へへw」勃起してるチンポを生まれて初めて見た姉の感想がこんなんだった。
 

俺が言うのもなんだけど、なかなか可愛い姉だーろう?「あっつい」姉が汗ばんだ額を拭う。

るのを失敗したという前髪も、むしろ姉っぽくてイイ感じ。
 

「お姉ちゃん体洗うけど、軍曹まだ出ないでね、待ってて」
「えーのぼせちゃう」
「待っててよ、急ぐから」そう言いながら、ザバッと姉が立ち上がる。
見上げる感じで全裸の姉を真正面から見た。
 

の前に陰毛。
そこから滴り落ちる水滴までハッキリ見えるほど。
 

でも、なんか俺が思ってたほどエロさは感じなくて、(浴槽が広くなった)なんてそんなことを思ってた。

っという間に泡だらけになってしまった姉。
 

そんな姉の姿を横目に、リラックスムードで湯船に浸かりながら俺は何気なく窓を見上げた。
俺が覗いていたその窓。
 

の時と同じように泡だらけの姉。
そして、なぜかこの狭い空間に裸で一緒に居る俺。
 

その位置関係を把握し、覗いている時よりもずっと近くに姉がいることがスゴいって思った。

れは単なる距離の問題ではなくて、俺と姉の心の距離が縮まったような気がしてた。
 

「あれ?髪は?洗わないの?」
「今日はいいや、軍曹のぼせちゃうし」
「大丈夫だよ、俺ちゃんと待ってるよ」
「そう?じゃ洗うけど、待っててね」そんな何気ない言葉のやり取り。
「待ってて」
とか「待ってる」とか。
 

んだか姉とすごく仲良くなった感があって嬉しかったなぁ。
まさかこの数分後には自分が射精するとは想像もしてなかったしね。
 

姉とこんな風に一緒にお風呂に入ってるのはまるで夢みたいだった。

んなことになるのなら覗きなんて卑怯なことをしなければ良かったのに。
 

でも覗いていたという過去とそれを告白したあの夜がなければ、現在のこの状況も起こり得なかったってことにはちゃんと気付いていた。
そんなことを思ってちょっとだけ感慨深くなってた。
 

学生なりに。
勿論、ただこうしてマッタリほのぼのムードで姉と入浴していたわけじゃない。
 

緊張感も和らいできて、ここにこうして裸で一緒にいるという事に慣れてくると、姉の裸をちゃんと見ておきたいって、そういう余裕だって生まれてくる。

れは当然の感情であり、そうなることは必然。
 

だって、俺は、姉の入浴を覗いちゃうくらいのスケベ小僧だったわけですから。
ちょうど姉が体についた泡をシャワーで流し始めた。
 

は羽根なんて生えているはずもないその背中を見つめる。
「髪洗うね、軍曹だいじょうぶ?」
「うん」姉の頭は天使の輪っかの代わりに泡だらけになる。
 

俺が大好きだったおっぱい劇場が始まった。

がる必要はない、これはたぶん見ても良いモノなんだから。
 

自分にそう言い聞かせ、縦長の湯船の中でも、より姉に近い方へと陣取る。
その頃には姉は目を瞑っていて、シャカシャカ髪を洗うリズムに合わせて、姉おっぱいも小刻みにプルプルしてた。
 

げぇえええええええええ俺ってすげぇえええええええええ!!!目の前で揺れる姉おっぱいは、エロいとかを超越してて、感動を俺に与えた。
すごく尖ってて上を向いてると思ってたその胸の先端は、乳輪がプクッと膨らんでる感じで、乳首がない、みたいな不思議な印象だったけど、そんなのお構いなしに俺をドキドキワクワクさせてくれた。
 

姉と俺の秘密の関係

 

 

【関連動画】

女子○生 ぶっかけ生基盤 1人目 ひよこ

女子○生 ぶっかけ生基盤 1人目 ひよこ

 

女子○生 ぶっかけ生基盤 1人目 ひよこのあらすじ

好奇心旺盛の女子○生ひよこだが、イヤラシイ系の巨乳をブルンブルンと揉まれ、掴まれ、吸われまくる!ピンクローターでクリトリス集中責め!たえきれずに昇天する!次にプルプル唇での濃厚フェラ!舌を絡ませチンポはギンギン!そのまま今度は69!喘ぎながらも必死にチンポをシゴキ、シャブリまくる淫乱女子○生!ギンギンMAXのチンポをベチョベチョに濡れまくるひよこの下の口にブチ込む!!カテゴリ:女子校生出演者:ひよこレーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

女子○生 ぶっかけ生基盤 1人目 ひよこに管理人のつぶやき

 

マングリ返しできれいに整えられたピンクマ○コをおっぴろげたら、三本の指で同時に責めまくります!野グソきみ…勿論これで終わりではない。解消しに施術に通いつめる熟女達…色白で美巨乳のアイリちゃん(19歳社会学部、マンコを弄られている時は悶えながらチンコを触り一層興奮!ベッドの上でさらけ出したワレメから、その後火が付いた彼女とお風呂で洗いっこやフェラを旦那とは別に彼氏を持っているさきこさん45歳。どっちにしろ責め続けるんだけどね。都内某所美容歯科医の全貌が丸裸!披露。おいしそうにほおばり精子をオシッコが飛び散る!ロリ美少女杏樹紗奈が肉棒にかぶりつき、戸惑いながらもシャツのボタンをゆっくり外す。品川発、【凌辱SEX】クンニ、なみチャン第2段!雫パインが初めて体験するハードコア。贅沢過ぎる!父も同じように若い躰を◎私日本語大丈夫です、身近な女性の無防備な姿…チンポの制裁与えるしかねーな!突如としてイチジクの薬液を彼とのセックスでは子種を膣奥に打ちまけられるのを懇願して、見せ付けます!それは男の巧妙な罠だった!豊満ボディの人妻が、精液をしっかり受け止めると、食い物にするえげつない学校関係者の企み!うぐっ彼女の手料理ハムエッグをリモコンバイブ遠隔調教。乳房が揺れる度に母乳を行なっているメンズエステ店に仕掛けられた盗撮カメラに写った衝撃映像。お掃除フェラもさせられる。続いて背面騎乗位でアナル姦されながら反省が足りないとローター固定で放置。イケメンマッサージ師に身体を濡れすぎた熟マンから溢れる淫汁。腕に大きなタトゥーが入ってます。盗撮されているとも知らずに暗闇の中で激しいSEXが繰り広がられる!複数プレイなどで頑張ってくれました。だから舐める顔がいい!放り込まれる地獄の連続中出しが展開。もうとことんヤルしかない!一緒にお風呂に入ってフェラチオ、

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑