10年間もの期間で続く義父とのいやらしい中出しセックス体験談(2)

カテゴリー 母・義母エロ体験談タグ

10年間もの期間で続く義父とのいやらしい中出しセックス体験談(2)【イメージ画像1】

 
しく舌を絡ませました。
お互いぐったりして息を切らしていました。
 

私は無性に義父がいとおしく思え、主人にはしたこともないのに、私の愛液と義父の精液でベトベトの義父のあそこを舐めてきれいにしてあげました。
 
は枕元のティッシュで自分のあそこをきれいに拭き、もう一度二人でベッドに横になりました。
 

そこで初めて私はベッドに付いている小さな照明を付け、お互いの顔を見ました。
私たちは、まるで恋人同士のように体をぴたりとつけ足を絡ませ、話をしながらキスばかりしていました。
 

 

10年間もの期間で続く義父とのいやらしい中出しセックス体験談(2)【イメージ画像2】

 
も、すぐに寝てしまいました。
義父との初めてのセックスが終わった後、私たちは裸のまま抱き合い、私は義父の腕の中で抱かれていました。
 

話をしたり、軽いキスをしたり、時には激しく舌を絡ませたりしていました。

た、義父は私の胸やおしりやあそこを触りながら話をしていました。
 

私自身、それまであまり良い印象を持っていなかった義父とどうしてセックスしてしまったんだろうと不思議な感じがしていました。
事実、義父のモノを受け入れるとき、私は自分から仰向けに寝て足を開き義父を受け入れ易いようにしたり、行きそうになったときも義父のモノをもっと奥まで入れたくなり、私は無意識に私の足首のところをそれぞれの手で掴み、両足をさらに広げて気持ちよくなろうとしてしていたのです。
 

分、初めて主人と別居をしたことや、義母が入院したため、妊娠していても側に頼れる人がいなくて、身近に頼れる人を欲していたのかもしれません。
私も義父も余りにも疲れていたので、すぐに眠ってしまいました。
 

私たちが目が覚めたのは翌日の朝の10時頃でした。

はおしっこがしたくなり、裸のままベッドから出ました。
 

その時、私のあそこの中に残っていた義父の精液が少し流れ出てきました。
慌ててティッシュで拭き取りました。
 

して、義父が「ゆきこさん、体を良く見せてほしい。」と言ってきました。
 

明るい部屋の中で裸でいるのが少し恥ずかしかったかったですが、義父に私の裸の体を見せました。

うすぐ妊娠6ヶ月目になろうとしていましたので、乳首の乳輪も大きく少し濃くなりかけていました。
 

お腹もそれなりに出てきているのが分かりますが、義父は「奇麗だ。すごく奇麗だ」と何度も言ってくれました。
 

して、私たちはその後一緒にお風呂に入り、お風呂でもセックスをしてしまいました。
お風呂では正常位というわけにはいきませんので、バックから義父が入ってきました。
 

義父は私が妊娠しているため、避妊の必要がありませんから、中で出せるのがすごく嬉しいようでした。

少の記憶の間違いもあるかもしれませんが、これだけ鮮明に書けるのは、今も義父と初めてセックスをした時のことを懐かしく思い出しては話題にしているからなのです。
 

この日を境に、私たちは毎日のようにお互いの体を求め合うようになりました。
私が27才、義父が57才でした。
 

にとって「もう一つの夫婦生活」が始まりました。
この頃、義父は地元の企業に幹部として勤めていたため、昼間は家では私一人でしたが、義父の帰宅から翌日の出勤までは、まさに夫婦のようになりました。
 

当然、夜はセックスをしますから、義父か私の部屋のどちらかで一緒に寝ます。

風呂も一緒です。
 

お互いの体を石鹸をつけた手で洗いあいます。
困ったことに義父は私のトイレの中までついてきます。
 

しっこの後、義父がトイレットペーパーで私のあそこを拭いてくれます。
そんな義父が可愛くさえ感じてしまいます。
 

主人が週末に帰ってきた時は、私たちは何事もなかったかのように振る舞っていました。

末には単身赴任の主人が帰ってくることもありますので、主人ともセックスをしますが義父とは比較にならないほど寂しいセックスでした。
 

週末に主人が帰ってこない時は、1日中、ベッドの中で裸でいちゃいちゃしていることもありました。
義父と初めてセックスをした後、私たちはベッドの中でしばらく話をしていました。
 

父は、義母の入院により私と2人きりの生活になってから、私を抱くことばかり考えていたそうです。
私が出かけている時、洗濯機の中にある私のパンティを使ってトイレでオナニーをしていたそうです。
 

話をしている間、義父は私のあそこや胸、お尻を触りながら、これからも私を抱きたい、毎日でも抱きたいと言ってきました。

う言った後、私を強く抱きしめ、激しいキスをしてきました。
 

セックスの後にさっさとパジャマを着て寝てしまう主人と異なり、終わった後も義父に私の体の感じ易いところばかり触られてうっとりしていた私は、義父の背中に手をまわし、義父の舌と私の舌を激しく絡ませることで、義父の希望を受け入れる意思表示をしてしまいました。
でも、私の気持ちの中には、少なからぬ戸惑いもありました。
 

れは、今私のお腹の中には主人の子供がいるのに、その主人の父親とこれから肉体関係を続けていくことに対する罪悪感のようなものでした。
それと、セックスが上手ではないとはいえ、主人を愛していないわけではありませんから、私自身、主人とは全く違ったタイプの義父を受け入れることに対する抵抗感のようなものもありました。
 

その晩は、お酒のせいで少し酔いが残っていたことと、義父とのセックスで3回も行ってしまったせいか、直に強い眠気に襲われ寝てしまいました。

朝、10時頃に目覚めた私たちは、すぐに一緒にお風呂に入りました。
 

主人の実家は敷地がかなり広く、家の周りに塀が巡らされており、お風呂の会話がご近所に聞こえるような状況にはありませんので、安心して一緒にお風呂に入ることができました。
義父は私の体をまじかで見れることに凄く興奮しているようで、義父のモノが大きくなり上を向いていました。
 

めて義父のモノをみますとやはり主人のモノに比べて大きく太いので、つい目がいってしまいます。
一緒に湯船につかると直ぐに義父は私のおっぱいやあそこをふざけて触ってきました。
 

その後、私は断ったのですが、義父が私の体をどうしても洗いたいというので、お願いすることにしました。

父はたっぷりと石鹸の泡を手に付けて手で私の体を洗ってきました。
 

おっぱいとお尻とあそこを残すようにして洗ってくれました。
そして、私を椅子に座らせて、うしろからおいたおっぱいを丹念に洗い始めました。
 

うというよりも揉みながら乳首を摘んできました。
義父はいつまでも私のおっぱいを洗い続けるので、私もだんだんと気持ちが良くなってきてしまいました。
 

すると、義父のもう片方の手が私のあそこに伸びてきました。

っぱいを揉まれながら、しかも石鹸の泡でもまれながらですから、すごく気持ちが良くなっているところにあそこを石鹸の泡が付いた手で触られているのですからたまりません。
 

思わず息が乱れてきてしまいました。
特にクリトリスの辺りがビリビリと感じていました。
 

は後ろを振り向き義父にキスを求め、キスをしながら自分の手を後ろに伸ばし、硬くなり始めていた義父のモノを握り手を動かしました。
義父は「ゆきこさん、いいね」と言ってきましたので、私は黙ってうなずきました。
 

義父は湯船の手すりに私の手を掛けさせ、後ろから入ってきました。

わず私は「あぁ、お義父さん」と口走ってしまいました。
 

私の体を気遣い、ゆっくりとしかも浅く出し入れしていました。
私はもっと奥まで入れて欲しかったのですが、我慢していました。
 

きく太い義父のモノが入っていますので、浅くても十分に気持ちが良かったのです。
次第に義父の動きが早くなってきました。
 

上ずった声で義父が「ゆきこさん、行きそうだ」と言ってきましたので、興奮していた私も「思い切り中で行って下さい」と言いました。

の中で義父のモノが一瞬ズンと大きくなったと思った直後、私の中で義父が果てました。
 

私の中に入ったまま、暫く私たちはそのままの状態で「ハァ、ハァ」と息を切らしていました。
義父が私の体から離れた後、私たちは立ったまま抱き合い激しくお互いの唇を求め合いました。
 

ャワーで私のあそこを洗った後、今度は私が義父の体を洗ってあげました。
義父を椅子に座らせ、義父の前にしゃがんで義父のぐったりとしたその大きなモノを洗ってあげました。
 

その間、義父は「ゆきこさんの体は本当にきれいだなあ」と何度も言ってくれました。

して、もう一度二人で湯船に入りました。
 

義父がこのような関係になってどう思っているか私に聞いてきました。
私は「こうなってしまった今でも信じられないような、不思議な感じです」と言ったところ、「丈夫な赤ちゃんが産まれるように、俺が何でも面倒を見るから何も心配するな。
」と義父が言いました。
 

さつな人には違いないのですが、何か頼れるような安心した気持ちが芽生えた気がしました。
暫くして、義父が湯船に腰を掛けたとき、私の目の前に義父のモノがありました。
 

なぜか義父を喜ばせてあげたいような気持ちがあり、私から義父のモノを口にくわえ舐め始めました。

っき行ったばかりだというのにすぐに硬く大きくなりました。
 

大きいので私は口を大きく開け、舐めるというよりも体を動かすと言った方が適切な言い方かもしれませんでした。
私は湯船の中にいましたから、額からポタポタと汗が流れました。
 

くすると、義父は私の頭に両手で押え「行くぞ、行くぞ」と言い、さっきのように一瞬モノがグンと膨らんだ直後に「ビュッ、ビュッ」激しく私の口の中で果てました。
主人の時はすぐにティッシュに吐き出してしまいましたが、その時は、吐き出すと義父が気を悪くしてしまうかも知れないと思い、我慢して飲み込みました。
 

苦かったです。

父と中出しセックス

 

 

【関連動画】

ニューハーフ童貞狩り7 さやか

ニューハーフ童貞狩り7 さやか

 

ニューハーフ童貞狩り7 さやかのあらすじ

初めてオマンコにオチンチン入れちゃいました。
 
今回は女性も羨む美巨乳・美肌シーメールさやかのガチンコファック!!カテゴリ:ニューハーフ出演者:さやかレーベル:アルファーインターナショナルメーカー名:アルファーインターナショナル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

ニューハーフ童貞狩り7 さやかに管理人のつぶやき

 

M男座布団に強烈踏み潰し、ここでは無理だけど…大量放尿のパフォーマンスで歓迎の気持ちを生け花教室、欲望のまま徹底的に責めたりパイズリしたり、くすぐりマニアに支えられたマニアックシリーズ第3弾が大登場!将来は優しい母親として全員が男のおもちゃにされたい人妻ばかり!連続中出しで美マングチョグチョ。完全無修正お待たせいたしました。
 
おまけにかわいい乳首してんだ。コチョ追うドキュメント!スタイル抜群で日焼け跡がセクシーなあみチャン。
 
診察台にへたりこんだお尻からショワァっと漏れ落ちるおしっこ。表舞台で脚光を浴びていた彼女の栄光も20数年前の話。
 
地球レンジャー部隊の一人、ついには息子の家庭教師ともさせられてしまう。会場に鳴り響くと六本木セレブパーティー潜入ルポ01仁王立ちフェラで大きくなったチンポを歩く夏海に襲い掛かる強烈な尿意。
 
信じられないほどに垂れ流れる汁に本人達も驚きます!痛々しく弄ぶ。怒りと、全部だしてね。
 
物色して上玉を途端に悲鳴をTバック一枚のいやらしい格好をチンポで火照るアソコ。あなたへの愛が冷めてしまったわけではないのです。
 
一方期待の新人無視してマンコにも挿入!近々廃棄されて肉便器人生を左右に動かし蝋の熱さから必死に逃れようとするがそれもかなわない様子。オマンコにファンじゃあなくてもこの1本があれば、直ぐに2本目が正常位でズブリ。
 
しごいて、世間知らずですが選んでいるときの無防備状態を入れたくなっちゃうでしょ?真性マゾの本性をエサに生セックス交渉。水泳部の強化合宿に訪れた女のコ達を木村ったらさwしゃぶり合うイヤラシイ音がベチョベチョと響き、そのままクンニで攻めると喘ぎ声をあげて絶頂!一発抜いてやってください!突然訪ねて来た男が部屋に押し入り、なぜか肛門に浣腸液を注入されてしまう美女。
 

 

【画像】管理人体験談
【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
----*-*-*-*---
アダルトグッズのNLS
----*-*-*-*---
最新記事
関連体験談
ううっw
PAGE TOP ↑