厳選のエロ話
Powered By 画RSS
50・60代熟女を無修正で楽しむ
里中亜矢子 村上美咲 無修正動画

50代・60代の熟女たちの無修正動画を見るなら熟女倶楽部がおすすめです!月額35ドルで素人熟女や熟女女優の初裏動画がダウンロードし放題です。管理人も愛用している動画サイトです。
熟女とのセックスは最高だ!

福岡でメンズアロマを受けたら人生初の男の潮吹きまで体験した話

福岡でメンズアロマを受けたら人生初の男の潮吹きまで体験した話

福岡に行った時のエステでのエッチな体験談です。

同窓会で久しぶりに福岡に行きました。
前乗りする予定だったんですが、仕事が片付かず当日バタバタ新幹線で行きました。

学生時代の友人たちと久しぶりに会い酒も進んで、中洲でさんざん飲んでから博多駅の宿泊しているホテルに戻ったのが0時頃。

いい感じに酒も周り、気持ちく良く寝れそうなだと思っていたら、どうも腰と足が痛い。
仕事柄歩き回ることが多いので職業病みたいなものです。

折角なんでマッサージでも頼むかとスマホで調べたら、アロママッサージをやってくれる店(非風俗)があったのでお願いしました。

アロママッサージは経験がなかったのですが、指圧でグイグイ押されると痛いので初挑戦。

シャワーを浴びて30分程待っていると、30前半くらいのキレイなお姉さんが来ました。

白のシャツにタイトな黒のスカートが妙にエロく、否が応でもスケベな事を期待してしまいます。

「では、下着以外を脱いで頂いてうつ伏せでお願いします」
「はい」

何せ初めての経験でどうしていいのか分からなかったので、言われるままうつ伏せで寝ると、バスタオルをかけてくれて背中からアロママッサージを始めてくれてました。

「福岡は出張で来られんですか?」

「いえいえ、同窓会です。学生の時ぶりに来ましたけど、やっぱり福岡はいいですね。ご飯も美味しいし、女の子も可愛いので」

と世間話をしている間に背中のマッサージが終わり、次はふくらはぎから太ももへ。

程よい圧力とお姉さんの手の暖かさでウトウトしていると、

「はい、では次は仰向けになってください」
と言われ、言われたとおりに仰向けになります。

「失礼します」

と股間あたりの腰を浮かした状態で跨ってきました。
跨る瞬間にタイトなスカートから見えたワイン色のパンティに息子が反応してしまいます。

やばいな。。と思いながらも、寝たふりで誤魔化そうと目をつむったままエステを受けます。

デコルテ?あたりを丁寧にマッサージしてくれるんですが、乳首周辺が性感帯な私の息子は完全に勃起してしまいました。

バスタオルで隠れてるとは言え、テントを張った状態なのでお姉さんが腰を沈める度にお尻や股間部分にあたっています。

それでもお姉さんは気にしていないようで、胸からお腹あたりまでしっかりマッサージしてくれて、

「では下半身の方もやっていきますね」

と淡々と仕事を進めていきます。

で、アロマは前述の通り始めて受けたのですが、普通は足と足の間や横からマッサージでやりませんかね?
それが体勢を後ろ向きになっただけ、常に僕の股間の上にお姉さんの股間がある状態でマッサージが進んでいきます。

太ももあたりは問題なかったんですが、膝上くらいになったあたりから、お姉さんが腰を浮かせる度にパンティが見えます。

もうマッサージどころではなく、お姉さんのパンティから目が離せません。
勿論、息子は完全勃起状態です。

すねの部分まで終わったところで、

「特に太ももが張っているようですね。ここを重点的にやっていきますね」
「あ、お願いします」

と特に疲れがたまってはいなかったが、パンティが見れるならいいかとお願いすることにしました。

「リンパの流れが悪いようなので流していきますね」

よく意味は分からなかったがこれも承諾しました。

すると、股関節部分にお姉さんの手が入ってくるではないですか!
しかも、時々玉に指が当たる感じでとても気持ちがいいんです。

さっきから見えているパンティと、手の刺激と時々当たるお姉さんの股間の感触でもう爆発寸前です。

「血行が良くなったみたいですね。ふふ」

と急にお姉さんが私の息子をトランクス越しにツンツンとしてきました。

「あ、スミマセン。あまりに気持ちが良くって…」
「大丈夫ですよ。そういうお客様もいらっしゃいますから」

そういうと、トランクスの上から息子を軽くさすってきます。

「30分延長して頂けるならこちらもマッサージ出来ますが、どうでしょうか」

とまさかの嬉しいお誘いが!

「し、します!30分延長しますので、あの、お願いします」

と延長料金の3000円を支払い、言われるままにトランクスを脱ぎます。
お姉さんは先程の体勢から、足と足の間に入ってM時開脚の体勢で、

「では失礼します。」

とアロマたっぷりの手でついに息子に触れます。

お姉さんのぷっくりとしたパンティ越しのオマンコを眺めてながらの手コキは最高であっというまに発射してしまいました。

いってぐったりしている私をよそにお姉さんは、手コキを辞めてくれません。

「男性でも潮が出るってご存知ですか?」

と悪魔のような笑顔のまま、亀頭部分を手のひらでこすってきます。

私は腰が浮くような、くすぐったいような感じで
「も、もうだめです。まって、、何か出そう、で、でる」

と女の子のような声を出してしまいました。

「いいですよ、全部出して下さいね」

と言いながらお姉さんは亀頭と竿を激しくしごきます。

「うっうう…っ!」

私はうねり声をあげながら人生初の潮吹きをやってしまいました。

おしっこを漏らしたような感じといいましょうか、射精とは明らかに違う感じの快感で頭が真っ白になってしまいました。

「すごいwお客さん本当に潮吹いちゃいましたねw」

と何やら嬉しそうに笑いながらもまだ息子から手を離してくれないお姉さんに、

「ほ、本当にもう無理です。許して」
とお願いしてやっと解放して貰えました。

後で聞いた話ですが、彼女は元々ヌキありのお店でも働いていたことがあり、こういうプレイが得意だったとのこと。
今は昔の常連さんにしかやってないと言っていましたが、恐らくみなさんに同じことをやっているのでしょうね。

でも、私は完全に彼女の虜になってしまい、今週末もまた用事もないのに福岡まで行ってくるつもりです。

厳選のエロ話
Powered By 画RSS
PAGE TOP ↑