【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
アダルトグッズのNLS

スパの20代の美人マッサージ嬢にお願いしたら手コキしてくれた

金曜日の就業後、同僚数人で飲みに行き、終電に乗ろうと駅に着くと、困ったことに人身事故で運転見合わせ。

さらに、発生直後のようで、運転再開の目処が立っていないというアナウンスが聞こえてきます。

「なあ、動くの待つの面倒だから、今夜スパに泊まろうぜ。どうせ明日休みだし、オレたまにスパに泊まるんだけど。風呂も大きくてゆったりできるよ」

同じ電車に乗るはずだった同僚に誘われ、地下鉄で2駅のスパに泊まることにしました。

僕はスパ初体験。お風呂も大きく休憩所ではのんびりとテレビを見ながらビールも飲め、しっかり寝る場所もありました。

翌日、お昼近くになると同僚は、迎え酒だとビールを飲み始め、僕はなんとなく施設内を散策すると、バリ式マッサージの案内が目に付きました。

「おっ、マッサージか。ちょいとやってみようかな」

マッサージを受けたことのない僕は興味を持ち、せっかく初のスパに来ていることだし、受けてみることに。

マッサージしてくると同僚に伝え、案内板の横の階段を上り、ガラスのドアを開け立ち入ると、ひとりの女性が近寄ってきました。

「いらっしゃいませ、マッサージですか?」

と僕に笑顔を見せるこの女性は、あまりの美人に思わずグッと息を飲んでしまいました。

「は、はい。マッサージお願いしたいんですけど」

南国風で派手な花柄のロングスカートに、清潔感のある白い無地のTシャツ姿。
20代半ばだろうか。やや長身で、すらっとしたスリムな体型。髪をうしろでまとめた小顔は、女優の小西真奈美さんに似ている。

いや、むしろ小西真奈美さんより美人と言っても過言ではない。

「どうぞ、こちらにお掛けください」

体調は万全ですか?などの簡単なアンケートに答え、一番長い90分リラクゼーションコースを申し込み、アジアンリゾート風の個室に案内されました。

薄くてペラペラな、紙でできたようなマッサージ用の白いボクサーパンツだけを身に付け、マッサージ台に腰掛けると僕は思いました。

「さっきの人がマッサージしてくれるんだよな。まさか、あの人はただの受付だったりして…」

そんな不安を抱きながらも、「失礼します」と先ほどの真奈美さんがやってきたので一安心。
それにしても、文句の付けようがない、究極の美人です。

背中からマッサージが始まり「力を抜いて楽にしてくださいね」と言われても、自然と全身に力が入ってしまいます。

フェイスマッサージは、真奈美さんの顔が至近距離で視線を感じ、頭が胸やお腹に触れそうになるし、さらに股関節付近では、ツンツンとちょっとだけチンコに触れるし、リラクゼーションのはずが、逆にドキドキの連続でした。

90分のマッサージ後、真奈美さんは「○△さま、またのお越しをお待ちしています」と、きれいで品のある文字で手書きされた名刺をもらい、これ以来、週に1度は通うようになりました。

通い始めておよそ3カ月後、仕事でワインの試飲会がありました。

試飲会といっても、開始から1時間はワインの特徴などの説明があるが、結局のところ最後はただの飲み会状態になり、たらふくワインを飲んだ僕はすっかり酔っ払っていい気分。

この勢いでマッサージに向かうと、「今日は早いんですね」と真奈美さんは驚いた表情をしています。
それもそのはず、まだ午後4時。

仕事帰りのサラリーマンの姿はなく、スパ内は閑散としていました。

「ワインの試飲会の帰りで、すっかり酔っ払っちゃったよ。試飲会なんていいながら、同業者が集まって、ただの飲み会のようなものだからね」
「そうなんですか。私、○△さん酔ってるの初めて見ました。なんかだおかしいです」

3カ月も通うと、もうすっかり友達のような話し方になり、クスクスと笑いながら真奈美さんはマッサージを始めると、僕はいつもとは違う感覚が全身に走りました。

酔っているせいか、真奈美さんの手の動きがたまらなくエロく感じ、あろうことか股関節周辺を触られると、言うことを聞かないチンコはビンビンに上を向いてしまったのです。

「ねえねえ、お願いがあるんだけど……。イヤならイヤって言ってね」
「え、何ですかお願いって? 何でもどうぞ言ってください」

スパの奥まった一角にあるマッサージは、常に真奈美さんひとり。
お酒の力も借り、思い切って言ってみました。

「ちょいとだけ触って欲しいな……。ダメかな?」
「ふふふ、なんだかすごいことになってますよ。どうしたんですか? それじゃ、顔が終わってからね」

マズイこと言っちゃったかなと思いながらも、イヤな顔ひとつしないでOKしてくれました。
顔のマッサージが終わると、薄っぺらなパンツをゆっくり脱がし、チンコが丸出しになると、棚からローションを手にしました。

「これ、無香料のローションなんです。オイルだとにおいがありますからね」

そう言いながら、ヌルヌルのローションでチンコを包んだ手を上下に動かすと、もう天に昇るような気持ち良さで、発射までそう時間はかかりませんでした。

「ちょっとゴメン。あのさ、出ちゃいそうなんだけど。どうしよう……」
「いいですよ、このまま出してください」

そう言うなら遠慮はいらないと、全神経を一カ所に集中させ勢いよく発射。
2回、3回と発射は続くも、最後まで手は止めずに上下に動いていました。

1週間後、真奈美さんに会うのは少々気まずいと思いながらも、いつもとなんら変わらず、明るく笑顔でマッサージをしてくれました。

すると「どう? しますか?」と聞いてくるので、うんと頷くと、前回と同様にローションをつけて手コキをしてもらい、気持ち良く発射。

毎回マッサージに加え、必ず手コキもしてくれるようになり、さらには背中のブラのホックを外したTシャツに手を忍ばせ、小振りながらも柔らかいオッパイを触らせてくれるようにもなりました。

しかし、ある時から僕はぷっつりとマッサージに行かなくなりました。

なぜなら、真奈美さんとはセックスしまくりの関係に発展したからです。

【PR】人生で初めてセフレが出来たwww

風俗より10倍安くエッチする方法www

 

【特集】熟女とのセックス
ううっw
当サイトはマッサージやエステ、整体などで遭遇したエッチな体験談を掲載しています。体験談は常時募集していますので貴方のマッサージでのエロ体験談を是非教えて下さい!

投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑