厳選のエロ話
Powered By 画RSS
50・60代熟女を無修正で楽しむ
里中亜矢子 村上美咲 無修正動画

50代・60代の熟女たちの無修正動画を見るなら熟女倶楽部がおすすめです!月額35ドルで素人熟女や熟女女優の初裏動画がダウンロードし放題です。管理人も愛用している動画サイトです。
熟女とのセックスは最高だ!

男性が苦手なウブなOLにエッチなマッサージをするエロ施術師の私

私は小さいながらにマッサージサロンを開業して頑張っている既婚者です。
マッサージやリラクゼーション系の業態に興味があって、脱サラして独立しました。

昔からセックスの時の指テクが好評で、人から「気持ちイイ」って言われるのが楽しくて、それを仕事にしたいと思っていました。

さすがにAV男優や出張ホストは難しいですので、違う道で考えた結果です。

先週の日曜日に、以前に3回目ほど来店してくれた女性がきました。
名前は「優里」ちゃんと言って26才のOLさんです。

見た目は凄く地味で、髪の毛もメイクもあまり時間をかけない感じが伝わってきました。
ただ、顔や体の素材として見たらイイ物を持っています。

前回マッサージした時に触った肉感は、かなりの上物です。
お嬢様の匂いがします。

前に来た時は30分のマッサージだけだったんですが、その日は120分のコースにしてくれました。
簡単な会話しかしてなかったので、素性は分からなかったのですが、その日初めて色々会話をしました。

優里ちゃんは東京育ちで、妹が二人いる長女です。
ずっと学校が女子校だったので、男の人とうまく会話が出来ないのが悩みらしいです。

でも、最初に家の店に来たときに、私と自然に会話が出来たので、リラックスして話せる珍しい男の人という理由で何回か来てくれたらしいのです。

世間話をしていると、どう考えても26才にして処女の匂いがプンプンします。
だって「男と二人きりになった事が無い」と言い切っていましたから。

そして溜め息まじりで、「家族と過ごすクリスマスはそろそろ卒業したいです・・・」と言っていました。
そんな話題から、ちょっと下ネタに持っていきました。

「でも優里ちゃんもオナニーはするんでしょ?」と聞きました。

さすがに優里ちゃんは顔を真っ赤にして黙ってしまいましたが、「どうしたの?オナニーしない人なんか居ないからね!」と言うと「えっ、そうなんですか?」と食いついてきた。

私は「当たり前だよ、大人なんだから恥ずかしい事じゃないよ」と言い切ると、優里ちゃんはずいぶん楽になったような顔で話し始めた。

どうやら週に3回ぐらいやってるらしいが、たぶん毎日してるだろうと思った。
そして最近は電動歯ブラシでオナっているらしい。

ちゃんとイク感覚もわかるので、バージンとは言え、性感は開発されているようだった。

私は「優里ちゃんがフェロモンを隠してるから彼氏が出来ないんだよ!」と言うと「どうしたらイイんですか?」と聞いてきたので、ベッドから少し移動して鏡の前に立たせた。

そして私は真後ろに立って、「毎日鏡を見ながら、女のフェロモンを出す練習をするんだよ!」と言いました。
優里ちゃんはバスローブと中にはパンツだけの格好なので、バスローブの襟元を少し広げて、「自分はエロいんだって思いながら鏡を見て!」と言いました。

優里ちゃんは催眠にでもかけられたように鏡の自分を見ています。
私は優里ちゃんの髪の毛をアップにしてまとめると、予想外にイイ女の顔になってきました。

そしてバスローブの襟元をもっと広げると、かなり谷間が見えてきました。

でも優里ちゃんは何も言いません。
それどころかエロい自分に酔っているみたいです。

私は上から覗き込んだ谷間が予想以上に深いので、「優里ちゃんおっぱい何カップ?」と聞くと「Fです」と答えた。
「だったらもっとおっぱい強調しようよ、自分で持ち上げてみて!」と言うと素直に自分でおっぱいを持ち上げて谷間を強調しました。

私はこの時に、優里ちゃんの耳や首筋を触っていて、優里ちゃんはドンドン息が荒くなっていました。

優里ちゃんは鏡に写るセクシーになっている自分の姿を見て興奮しているようです。
私はヌードカメラマンになったみたいに、「優里ちゃんフェロモン出てるよ!もっと出して!もっと出るよ!」と暗示をかけていきました。

気が付くとバスローブは肩まで肌けていて、優里ちゃんが両手を放せば落ちてしまいそうな感じです。
ムッチリとしたFカップの谷間が厭らしくて、乳輪ギリギリまで見えています。

私はアロマオイルを取ってきて、優里ちゃんの首周りや、鎖骨の下辺りをマッサージしました。
そして段々おっぱいに近付いて、露出している部分のおっぱいを自然に揉んでいました。

優里ちゃんはボーっと鏡を見ているだけで無抵抗で、特に嫌がる素振りもありません。

私は「女性ホルモンが一番出るマッサージしてみる?」と言うと「はい、お願いします」と眠そうな顔で素直に返事をしていた。
そして私は後ろから優里ちゃんの両手を握って、ゆっくり左右に広げた。

両手で押さえていたバスローブが「パラッ」と開いて、スケベな巨乳が現れた。

でも優里ちゃんは催眠状態で完全に無抵抗だった。
私は後ろからおっぱいを覗き込むと、おっき目の乳首がすでに立ちはじめていた。

そしてゆっくりと両手をおっぱいに近付けて、指が触るか触らない程度の超ソフトタッチで乳首以外の部分を撫ではじめた。
すると優里ちゃんは「ビクッ」と体を震わせていた。

そして段々と体がうねるように動き始めた。

気が付くと乳首はビンビンに固く勃起している様で、私の指が乳首に近付くと、自分でおっぱいを動かして乳首に当てようとしていた。

たっぷりと焦らした後に乳首を瞬間的に「コリッ」と弄ると、激しく震えながら「あふぉ、あふっ、あふっ」と変態的なアエギ声が漏れはじめた。

そしていきなりおっぱいを鷲掴みにしてクッチャクチャに揉みまくってやると、「あひっ、あふっ、あふっ、ひいいい」と興奮しながら、外人さんみたいに腰をグラインドさせながら感じている。

たぶんバージンながらに映画で勉強したセックスアピールなのだろうか。

私は「どうです?女性ホルモン出てる感じしますか?」と聞くと「はいぃぃ、すごいですぅぅ」と満足しているようだった。

そして「じゃあもっと出る方法やってみます?」と聞くと「おねがいしますぅぅぅ、あふっ、あふっ」と待ちどうしいような声が漏れていた。

優里ちゃんは乳首をビンビンにして感じまくっていたので、「これはまだまだイケる!」と思い、鏡の見える位置までベッドを移動して、ベッドの上で四つん這いにならせました。

もちろん優里ちゃんは正面から自分の顔を見ています。
真横から優里ちゃんを見ると、Fカップのおっぱいが「デロンッ」と垂れていて厭らしいです。

バスローブは邪魔なので取ってしまい、パンツ一枚になりました。
そして真後ろから優里ちゃんを見て、マ◯コの部分を凝視しました。

その後に「優里ちゃんのアソコをパンツの上からじっくり見てるよ」と言いました。
優里ちゃんは恥ずかしそうに「・・・いやぁ」と言いました。

私は「見られると、ドンドン女性ホルモンが出てくるから!」と言って、じっくり見ていると、優里ちゃんは意識し始めたのか、パンツにはっきり分かる染みが出来てきました。

私は内股にフェザータッチで指を這わせました。
すると勢いよく腰が震えだしました。

アソコギリギリまで指が近づくと、ガクガク腰を振りながら、少しだけ足を広げようとしています。

たぶん処女なだけに、今まで妄想しすぎて普通の女より変態女になっているのでしょう。
それを繰り返しているとパンツの奥から「プチュッ、プチョッ」と音が聞こえてきました。

中身は大変な事になっているでしょう。
私はパンツを食い込ませながら、太ももの付け根を重点的に触りまくりました。

今日はじっくり楽しみたいと思ってきたので、「優里ちゃん!今日は特別サービスで延長無料にしてあげるから、ゆっくりできる?」と聞くと「あっ、ええ、ハァハァ、はいっ、大丈夫です、ああ、ありがとうございます」とオッケーがでた。

続きはまた今度書きます!

厳選のエロ話
Powered By 画RSS
PAGE TOP ↑