【怒涛】うっハァーwww
電マ特集 ブブブン電マくん
 
アダルトグッズのNLS

垢スリのキワキワだけで発射してしまった・・・

垢スリのキワキワだけで発射してしまった・・・

ついさっきまで実際に起こていた出来事なんですけど・・。
今日夕方頃、突然インターホンが鳴ったんでドアを開けると、一人の若い娘が立っていました。

保険のセールスか何かかな?と思い、話も聞かず断ろうとすると、

「今会社の研修でお手洗いのお掃除をさせて頂いています。ご協力いただけませんでしょうか?」

あ、良く聞く社外研修かと思い、快くお願いすることにしたのです。
部屋に入るなり、コートを脱ぎ、スーツまで脱ぎ始めたと思ったら、Tシャツと短パン姿で、

「すぐ終わりますから」

と、そそくさとトイレへ入り、自前の掃除道具で掃除を始めました。
話を聞くと、マッサージチェーン店のマッサージ師であることや、25歳で今年春からの1年目であること、私の住んでいるマンションにお年寄りが多く住んでいるのでここを選んだこと等を教えてくれました。

一通り掃除が終わると、

「ありがとうございました。申し訳ないのですが、ここに署名をお願いします」

と、会社から渡されたらしい終了証明書を差し出してきたので、そこにサインをしました。

「ありがとうございました。ご希望の方には30分間お礼にマッサージさせて頂いてますがどうですか?」

これも修行の一つらしいのです。せっかくだからと思いお願いすると、

「指圧とアロママッサージどちらがいいですか?」

と聞かれました。
いつも指圧マッサージは良く行っているので、軽い気持ちで経験の無いアロマを選びました。

「では、寝室をおかりできますか?」

と言うので案内すると、女性は準備を始めます。

「早速始めますね。アロマはミントで宜しいですか?」
「はい、いいですよ。」

「では、服を脱いでうつ伏せでお願いします。」
「はい・・・・えぇっ?」

私は服を脱ぐということを想像しておらず、驚いてしまったのですが、良く考えるとオイルマッサージなのだから当たり前といえば当たり前なんですよね・・。
一通り脱ぎ、トランクス姿でうつ伏せになると、女性が申し訳なさそうに

「アロマはお尻のマッサージもあるので、全て脱いでいただけますか?」

私は全く未経験なので知らなかったのですが、全裸になるのなら指圧にしとけばよかったな・・。と思いつつ女性に股間が見られないようにそーっとうつ伏せのままトランクスを脱ぎ、全裸になりました。

女性は慣れているらしく、私が全裸になっても特に表情を変えることはありません。

「ちょっとヌルヌルしますけど、リラックスして下さいね」

と言うと、肩から腰にかけて丁寧にオイルを塗りこむように手を滑らせます。
あまり気持ちよさにウトウトし始めた頃、女性の手は私のお尻に到達しました。

《やばい・・・・》

女性はただ普通にお尻をマッサージしてくれているのだと思いますが、初めての私は、たびたびお尻の間の玉袋に女性の親指が当たり、息子がみるみる固くなってしまいました。

幸いうつ伏せなので女性に気づかれてはいないようですが、かなり我慢汁も出ている状態。
この後仰向けになったらかなりやばいなーと思いながら、息子を制するために親が死んだ想像をしたりしていると、

「はい、では次に仰向けでお願いします。」

悪魔の宣告です。今のこの私に仰向けになれと言っています。私がもじもじしていると、

「あ、タオルをお掛けしますから、大丈夫ですよ」

そりゃそうです。風俗じゃないのですから、あからさまにフリチンになるわけがありません。
私は女性に見られないように股間をタオルで隠しながら反転しました。

《うっ・・・我慢汁で布団が濡れていて背中が冷たい・・・》
などと思っていた次の瞬間!!!

私の目に飛び込んできた映像は、タオルが織り成す見事なピラミッド。勃起バレバレです。
もちろん、女性もそれを見ています。やばい・・・と思っておろおろしていると、その様子に気が付いたのか女性は笑顔で

「大丈夫ですよ。お店でも、女性も男性も、皆様反応されます。オイルマッサージの場合仕方ないので」

と優しい言葉をかけてくれました。
その瞬間から、私の恥ずかしさは、素人女性に公認で見られているという快感に変わりました。

腕やお腹をマッサージさている際も、手を握られたり、短パンから覗くピチピチの太ももに不意に手が当たったりするので、息子の元気はちっともおさまる様子はありません。それどころか、我慢汁でタオルがどんどん湿っていきます。

女性も慣れているのか、というより慣れすぎているのか

「さすがに若い方は元気ですね^^」

などと挑発かと思えるような言葉をかけながら、ついに足へと手が進みました。
太ももの内側にオイルを塗りこむ女性。すると女性の手の甲が明らかに玉袋に当たります。

それでも女性は気にする様子もなく、淡々と作業を進めます。そして足先まで終わると

「はい、終わりました。ありがとうございました。ヌルヌルがなかなか取れないのでお風呂で良く洗って下さいね」

と言い、スーツに着替え始めます。
しかし、ムラムラ最高潮の私はどうしてもこのまま終わることが耐えられず、恥を承知でバスタオルを剥ぎ取り、自分の息子を晒して

「あのぉ・・・、一度だけ抜いてもらうことはできませんか?」

と一大決心で聞いて見たのです。すると、

「申し訳ないですが、そう言ったご注文には一切お答えでき兼ねます。」

と、いつも言いなれているらしい言葉が返ってきました。
私はそれでも諦めきれず、

「じゃぁ、一度だけ、一度だけ握ってもらえませんか?握るだけでいいですから」

と懇願しました。
すると、彼女はとても優しい笑顔で、ちょっとだけ呆れた感じでこう言ってくれました。

「じゃぁ、1回握るだけですよ」

スーツに着替え終わって、彼女は私の隣に正座し、私の息子を優しく握ってくれました。
もうそれだけで逝きそうだったのですが、彼女の手を汚すわけにはいかないと思い、必死でこらえていると、

「今回だけですよ。」

彼女はそういうと、私の顔を見ながらゆっくりと手を動かし始めたのです。
私はものの10秒程で逝ってしまいました。

「よっぽど我慢してたんですね^^。こんなに出ましたよ。」

彼女は私の精子をティッシュで処理すると、

「是非お店にも来てくださいね。お店ではマッサージだけですけどね(笑」

と、名刺を渡し、深々と頭を下げて帰って行きました。
今までの数十分間を思い返し、なんだったんだろうと玄関に立ったまま頭の中で整理していた次の瞬間、

「ピンポーン・・・・・・・あのぉ、今企業研修で・・・・」

隣の家へアプローチしている彼女の声が聞こえました。
隣の家も若い男性です。

もしかして今頃・・・・・・と嫉妬心を抱きながら、でも想像しながら・・・たまりません。
もしかしたら、あの時「エッチさせて」と言っていれば、それも叶ったのかな・・・と後悔の念も抱きつつ、ご報告の文章を作成致しました。

みなさんなら、この状況でエッチをお願いしましたか?

間違いなく明日また彼女に会いにお店へ行くと思いますが、行けば行くほど、切なくなりますよね・・・。
むしろ風俗嬢であってくれた方が良かった・・・。

みなさんも、この手の研修には気をつけてください。
相当後引いちゃいます・・・。

受けなきゃ良かった。
とりあえず、明日お店に行ってみるので、また報告します。

 

——

 

今、帰ってきました。

それでは、今日お店に行ったお話をUPしますね。
どきどきしながらドアを入ると、思ったよりこじんまりした待合室と受付が見えました。

後で解ったことですが、この店はマッサージというよりもエステ的な要素が強いらしく、基本的には女性客をメインで営業しているそうです。
(男性は珍しいとのこと・・・)

早速受け付けへ行き、40代くらいの女性にいろいろなコースを説明されました。
その中で”アカスリコース”というこれまた初体験のものがあったので、挑戦することに。

もちろん、施術者は昨日の女性を予約済みなので、お金を払って待合室で待ちます。
しばらくすると、さっきの受付の女性が近寄ってきました。案内されるのかと思い、立ち上がろうとすると、

「お客様、ちょっとご相談があるのですが・・」

と神妙な面持ちで話しかけてきました。

「なんでしょう?」

まさか、昨日の女性がいないのぉ!?と嫌な想像を膨らませていると、

「実は今1年目研修とインターンシップ研修を行っておりまして、是非研修にご協力頂きたいのですが・・」

とのこと。さらに詳しく聞いてみると、

「現在来年就職予定の専門学生がインターンで研修に来ています。男性のお客様への研修の機会が非常に少ないので、もしよろしければご協力頂けませんでしょうか?」

という話でした。私は昨日の女性と話がしたかったので、できれば断りたかったのですが、印象が悪くなると嫌なので、仕方なく引き受けることにしました。
それから10分程した頃、ついに呼ばれて更衣室へ案内されました。

「それでは、お洋服は下着も全てお外し頂き、こちらにお着替え下さい。」

と、ガウンのような物を渡されました。
私はそそくさと着替えを済ませると、予め案内されていたアカスリルームへと入ります。

そこは四畳半程の広さで、防水ベットとシャワーしかない殺風景な部屋でしたが、スチームのようなものがたかれていて、少し霧がかっていてとても暖かい部屋でした。
部屋に入るやいなや、

「いらっしゃいませ。早速来てくれたんですかぁ~!感激です。」

と、嬉しそうに笑顔を浮かべる昨日の彼女が!!
女性向けのお店というだけあって、タンクトップにホットパンツという露出度の高い服装です。

濡れても大丈夫なようにという機能性重視のユニフォームなのでしょう。
それを見ただけで勃起しそうになりましたが、何とか気を落ち着かせ、挨拶を交わしました。

「それでは、ガウンを脱いでベッドにうつ伏せでお願いします。」

昨日に引き続き全裸モード。恥ずかしいのも快感になってしまっている私はワクワクしながらガウンを脱ぎベッドに横たわりました。
そして、彼女がアカスリの準備をしているその時、すっかり忘れていた”あれ”がやってきたのです。

「失礼しま~す。よろしくお願いします。」

そう、インターン生です。おそらく20歳前後であろう少女が二人、白衣姿でノート片手に入ってきました。

「ご協力ありがとうございます。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、プロの卵なので安心して下さいね。」

と、彼女。安心ってどう安心?と思いながらも、さすがに3人の女性に囲まれ、すっかり萎縮してしまいました。

「それでは始めます。痛かったらすぐ言ってくださいね。」

と言うと、彼女は肩から背中にかけて、固いタオルで擦り始めました。
左手で皮膚を引っ張りながら右手のタオルで擦る。みるみる垢が出てきます。

「結構溜まってますね~」
「初めてですから。」

そんな話をしながら徐々に下半身へ。インターンの二人はこちらを凝視しながら真剣にメモを取っています。
お尻をしばらく擦られて、徐々に息子に元気が出てきてしまったころ、昨日に引き続き彼女から悪魔の宣告が告げられたのです。

「それでは、次に内ももを擦りますので、ちょっと股を開いて下さいね~」

股を開く?この状態で?うつ伏せで股を開くとどうなるかお解かりですよね?
そんなことを考えたのが先か後か、彼女は私の足を持ち、股を開きました。

!?

今の状況は、彼女はもちろん、インターンの二人からも私のタマが丸見えです。
しかし、女性陣3人はいつものことであるかのような振るまい。私にはまさに別世界です。

皮膚を引っ張る左手がタマだけでなくサオにまで何度か触れ、私の息子は立派に成人しました。
触るつもりもないのに当たっているという感じで触れられるのが一番きますよね・・・・。

お尻の皮を引っ張られた時には、明らかに穴も丸見えです。
三人の若い女性にタマとアナルを見られ触られ、そのまま足の裏まで終わった時、本日2度目の宣告です。

「じゃ、仰向けでお願いします。」

!!!!????
今私ビンビンですけどいいんですか?お姉さん達・・・。

「タオルありますか?」

一応聞いてみましたが、

「アカスリですから・・・、私たちはプロですから恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ^^」

タオルも無し・・・・マジで?
彼女には全てを開放できるのですが、インターンの女性にまで見られるのはちょっとまだ・・・。

と思っていてもキリがなく、私は恐る恐る仰向けになりました。
予想通り、私の息子は私を指差して立っています。
すると彼女は、

「男性はEDでないかぎり皆さん勃起されますから。健常な証拠ですよ^^」

と、インターン生へのフォローをしてくれました。
ただ、私には彼女の口から”勃起”という言葉を聞けたことに感動し、またまた息子に元気を与えてしまったのです。

今の私の状況は、狭い部屋で素人女性3人に、素っ裸でいきり立った息子を見られています。
(やば・・・書いてて自分で勃ってきた・・・。)

腕から始まり、首、胸・・・・あぁ、タンクトップの隙間から明らかに谷間が見えます。
でも彼女の顔がすぐそばにあるので、ジロジロ見ると即バレ・・・でもみた~い!!

私は誘惑に耐え切れず、彼女の胸にしばらく目をやります。
おそらくC~Dカップくらいでしょうか?(最近は寄せブラなので、よく解らない)

手を動かすたびに、プルんプルんと上下に揺れています。
周りの目も忘れて、釘付けになって見ていると、「コラコラ!」と言いながら、彼女は私の肌を少し強く擦りました。

《かわいいいいいいい!!!!!!》

私はあわてて目を逸らします。
そして、相変わらず息子はビンビンのまま、彼女の手はお腹へと入っていきました。
そして・・・・・

「ちょっと失礼しますね~」

そう言うと、なんと彼女は私の息子を丁寧に左手で持ち上げたではありませんか!!!
お腹を擦るのに息子が邪魔になったらしく、手の上に軽く載せるように優しく持ち上げます。

「昨日握ることに特に抵抗を示さなかったのは、こういうことか・・」

などど一人で納得しつつ、快感を味わっていると、ついに・・・波がきてしまいました。
そう、私は早漏なので、射精の波がやってきたのです。

無理無理無理無理無理無理無理無理・・・・。

彼女だけならまだしも、女性がまだ二人凝視している中でイクことはできません。
そんな焦りを味わい始めた頃、タイミング良くお腹が終了。彼女の手が息子から離れました。

「ふぅ」

なんとか一安心です。気持ちを落ち着かせよう、そう考えていた次の瞬間!!

「失礼しま~す」

彼女はそう口にすると、今度は内ももを擦る為に私のタマを内ももから離しました。
そして数秒後・・・・・

ピュッ・・・・・ピュ・・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・

私のお腹には練乳が巻き散らされました。そして彼女の手にもべっとり・・・。
部屋の空気がしばらく固まりました。彼女もさすがにイクお客さんはいないらしく、びっくり顔。インターン生は何が起こったのか二人で確認し合っている様子です。

《死にたい・・・・》

どれくらいの時間が経ったのかはよくわかりませんが、

「ごめんなさい・・私の触り方がまずかったですかね・・」

と、彼女が申し訳なさそうに謝って来ました。

「いやいや、こちらこそ本当にすみません。敏感なもので・・」

彼女はきれいにシャワーで洗い流してくれました。
洗う時にはもちろん息子やタマも手で丁寧に優しく石鹸をつけて洗ってくれたので、また彼女に握ってもらうことができたことが、不幸中の幸いというところでしょうか。

彼女のピチピチのふとももにも付いたらしく、シャワーで流していました。
かがんだ所で再び”胸チラゲット!!!”
そんなこんなで、なんとか最後まで終了したところで

「今日はありがとうございました~」

と、インターン生は去っていきました。
きっと今頃、私の話題で盛り上がっちゃってんだろうな・・・

やっと二人きりになった私は、思い切って彼女に声をかけます。

「今度プライベートで会ってくれませんか?」

そう言って、携帯番号を書いたメモを渡したのです。
しばらく彼女はメモを手に取って断り文句を探していたような様子でしたが、

「考えときます^^」

笑顔でそう言うと、メモをポケットにしまいました。
こうして、私の波乱万丈な初アカスリは終了したのです。

さて、この後のアプローチとしては、どうするのが最適でしょうか?
とりあえずお店は風俗とは違い、値段的に高くないので、しばらく通おうと思うのですが、それで大丈夫ですかねぇ・・・?

とりあえず、しばらく通いますわ。

【PR】人生で初めてセフレが出来たwww

風俗より10倍安くエッチする方法www

 

【特集】熟女とのセックス
ううっw
当サイトはマッサージやエステ、整体などで遭遇したエッチな体験談を掲載しています。体験談は常時募集していますので貴方のマッサージでのエロ体験談を是非教えて下さい!

投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑