厳選のエロ話
Powered By 画RSS
50・60代熟女を無修正で楽しむ
里中亜矢子 村上美咲 無修正動画

50代・60代の熟女たちの無修正動画を見るなら熟女倶楽部がおすすめです!月額35ドルで素人熟女や熟女女優の初裏動画がダウンロードし放題です。管理人も愛用している動画サイトです。
熟女とのセックスは最高だ!

【失神オイルマッサージinタイ】巨根マッサージ師の串刺しおまんこサービスにガチイキ→意識不明の酸欠金魚になっちゃいました

人が1ヶ月間タイに出張しています。
子供の春休みの間にと4日間タイに行った時の事を報告します。

 

2日間は主人も休暇を取って観光案内や食事などと付き合ってくれました。
私達夫婦はSWや3Pなどの遊びなどの経験があり、主人もタイでは遊んで色々話を聞き久しぶりのSEXに満足でした。
タイはマッサージで有名な所で主人は子供達と出掛けるから、部屋でマッサージをしてもらいなさいと予約を入れて出掛けました。

 

15分くらいしてドアがノックされたので開けるとマサージですと、タドタドシイ日本語で入って来たのはスーツ姿の男性でした。

戸惑ってる私に、ワタシデイイデスカと聞かれましたが、どうしていいか不安なままにイエスと答えました。

身長は180cm位のがっちりした体形のインドとアメリカのハーフで、マッダムと挨拶をしてた顔はとても爽やかな感じの好青年で、チョッと安心しました。

私はシャワーを浴びてましたので、昨日買ったシルクのパジャマ姿、彼は着替えますのでとバスルームに行き出てきた時はタンクトップのシャツに短パンで、鍛えてる体がはっきりと判りました。

主人から預かったお金の入って封筒を渡すと3000バーツとメモが入っていて彼は目を通してOKと言いました。

 

ベットにバスタオル敷きうつ伏せに寝るように言われたので、枕に顔を伏せ寝ました。
足からのマッサージが始まりトテモ気持ちが良いんです。

強くなくそれでいてツボに的確に入ります。

 

2日間歩き回って疲れていたので足がパンパンの状態でしたが、日本のマッサージと揉み方が異なるのですが、違和感がなくウトウトと寝てしまいそうでした。

足から腰・肩・腕と整体みたいな事も交え、約1時間半掛けて丁寧にしてくれ体の力が抜けて行きました。

 

オイルですと言って部屋の明かりを落とし香を焚き、パジャマを脱ぐようにジェスチャーで伝えます。
ノーブラでしたし躊躇しました。
すると彼はパンフレット見せました。

 

裸に下半身をバスタオルで被い女性でしたが、オイルマッサージの写真を見せてくれました。

旅行案内に載っていた事を思い出しました。

 

悟を決めパジャマを脱ぎ下着だけでうつ伏せにお任せのポーズで寝ました。
彼がノーと言って下着も取るようにポーズします。

 

エー!と思いましたが、オイルで汚れるんだなと考え恥かしかったのですがオールヌードで寝ました。

オイルのひんやりした感じと、オイルとお香の香りで緊張感はほぐれていきます。
肩から腰へ本当に最高にウットリ、彼の手が腰からお尻に行きますゾクゾクと性感体を刺激します。

 

下半身を隠していたバスローブも取り去り完全に裸を曝してます。

 

初めての外人と接している事の興奮が恥かしさと重なり、アソコから湧き出てくるのを感じました。

 

彼の手は時々アナルに触れそこから太腿のほうに移動します。
足はチョット開かされ、もうアソコは丸見え状態です。
足が終わり仰向けにされました。

 

彼の顔も直ぐ側です。

胸にオイルを垂らし敏感になった乳をソフトに揉まれ、つい我慢が出来ずア~ンを声が出てしまいました。

乳首も硬く立ってますそこを触れられたらもうダメなんです。
自然に体が反応します。
完全に愛撫の状態片手が一番敏感な所に来ました。

 

自ら足が開いていきキモチイイデスカ!彼が聞きいた時は目をつぶったまま口を開き、ア~と声を出しながらうなずいてました。

 

彼が私の手を取りOKですよと何かを掴ませました。

ビクッとして目を開けると、何時の間にか裸になっていて、私の手は彼の物を握っていたのです。

 

大きいんです。
握っても親指と中指はとどかないのです長さも20cm以上あります。

 

パOKねタノシミマショーとウインクして、私の横に横になり見つめられると自然にキス外人と初めてのキス片手は彼の首にでも彼のを握った手は離せません。
自分でも信じられない様なデ-プキスを彼の指は私のアソコに入り込み、グチュグチュと音を立てています。

 

私は起き上がり彼のペニスをしかり見ました。
カチカチで真っ黒でそそり立ってます。
夢中でしゃぶってみましたが亀頭部分すら口に入らず、先端を舐めるしか出来ません両手で握っても半分しか握れない、今度は彼が私を舐めてくれます。

 

黒い顔から真っ赤な舌が敏感な所を弾きます。
ここで大きな声とともにイってしまいました。
根がスケベな私です。

 

もうチャレンジしたくてファック・ミーと言ってしまいましたが入る訳がありません。

 

しかし彼はコンドームを付けてオイルを付け私の足を持上げて入口を2・3度往復させゆっくりと、入って来ますが息が止まりそうなくらいいっぱいです。

 

私も欲しいので力を抜き彼のが入りやすいように足を開き、見つめ合いながらソフト・ソフトと言いながら待ちました。

 

モーダメを思った瞬間今まで経験がない大きなペニスが子宮にぶつかり、身動きも呼吸さえも出来ない凄い状態でした。

 

それからは猛獣のような声を出したはずです。
何回イッタか判りません。
完全には入りきらないけど、気を使いながらピストンをされ酸欠状態の金魚のように声も出なくなり、そこからの記憶はありません。

 

電話で目覚めると主人から1時間したら帰るから言われ恥かしさが込上げてきました。
どんな顔して主人に会ったら良いのか迷いました。

そこは夫婦その夜はいろいろと聞かれ主人に全て話しアリガトウと言いました。

 

もちろん主人が一番です主人と一緒にイクのが一番です。
本当に凄い体験でしたタイに行かれる時はエスコートの店が沢山あるようですので体験なさっては!!

 

厳選のエロ話
Powered By 画RSS
PAGE TOP ↑